見出し画像

[2019.10]バジ・アサド来日記念interview

文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA

 ブラジルを代表するクラシック・ギターのデュオ、セルジオ&オダイル・アサド、通称アサド兄弟の妹、バジ・アサド。彼女の演奏を初めて生で聴いたのは約20年前だった。USA録音の『カメレオン』の日本盤が発売された後、プロモーションで来日し、番組用に1曲、生演奏してくれたのだが、兄譲りの確かなギター・テクニックもさることながら、変幻自在のヴォイス・インプロヴィゼーションに度肝を抜かれた。

 それ以前に会った兄2人もクラシック音楽家らしからぬファンキーなキャラが素敵だったが、妹はさらにぶっ飛んでいて、音楽のジャンルを楽々と乗り越える自由人という印象が残っている。

 10月後半、30年余りのキャリアを経て初のソロ来日公演を行なうバジ・アサドに、メールでインタビューを行なった。

── 幼少期の家庭内の音楽環境と当時、好きだった音楽家を教えてください。

バジ・アサド 私が生まれた時、セルジオとオダイルはすでにギターを演奏していました。兄たちが練習するリビングではいつもクラシック音楽が流れていました。週末になると、父がバンドリンを手にして、友人たちをホーダ・ヂ・ショーロに誘いました。母は家事をしながらいつも歌っていました。私の部屋にはラジオがあり、当時のブラジルのポピュラー音楽のエッセンスを選曲していたチャンネルを、ずっとつけておくのが好きでした。シコ・ブアルキ、ジャヴァン、ジルベルト・ジル、エリス・レジーナなどをよく聴きました。

画像1

── ギタリスト、ヴォーカリスト、そしてヴォイス・パフォーマーであることが、あなたの音楽性の特徴だと思います。いつ頃からヴォイス・インプロヴィゼーションを始めましたか?また、その目的は?

この続きをみるには

この続き: 2,233文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年10月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年10月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年10月号
ラティーナ|2019年10月号
  • 28本
  • ¥950

ラティーナ2019年10月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。