web版創刊! 2020年8月

37
[2020.08]若手オルケスタの台頭にみるタンゴの復興

[2020.08]若手オルケスタの台頭にみるタンゴの復興

文:西村秀人(PaPiTa MuSiCa)&清川宏樹&宇戸裕紀  ここ15年ほどタンゴの若手ミュージシャンを中心としたオルケスタ編成の楽団(ここでは6人編成以上とする)の活動が目立っている。(以下本稿でオルケスタ・ティピカをO.T.と省略する)  それ以前、仕事場の制約などによる経済的な理由から大編成の維持は公共機関のバックアップによるものや、タンゲリーア出演のために限られていた。しかしここ15年ほどでオルケスタの数は増加、その中心は20~40代の若手演奏家である。全体を

6
[2020.08]ギジェルモ・リソット(ギタリスト)インタビュー

[2020.08]ギジェルモ・リソット(ギタリスト)インタビュー

文●宇戸裕紀 Text By Hironori Uto  油彩画のように何層にも重なったヴィブラート。空間にたゆたう低音弦の残響。ギジェルモ・リソットのギターの音色が響くとそこには芳醇な時間が流れる。相次いでデジタルリリースしたギジェルモから日本のメディアにぜひ話したいことがあるとの提案があったのでインタビューを試みた。 ── このところWeb上で続けて発表されている新作ではギタリスト、ギジェルモ・リソットの新たな顔が覗けます。『La BIENVENIDA』はジャズ、『T

10
[2020.08]テレサ・パロディ|アルゼンチン【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

[2020.08]テレサ・パロディ|アルゼンチン【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

5
[2020.08]歌に宿る
映像的ポエジー フアナ・
サリエス【無料公開記事】

[2020.08]歌に宿る 映像的ポエジー フアナ・ サリエス【無料公開記事】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

6
[2020.08]ロドリゴ・カラソ『Octógono』(無料記事)

[2020.08]ロドリゴ・カラソ『Octógono』(無料記事)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

16
[2020.08]ペドロ・アスナール|アルゼンチン【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

[2020.08]ペドロ・アスナール|アルゼンチン【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

ペドロ・アスナール(Pedro Aznar)●プロフィール 1959年ブエノスアイレス生まれ。1978年チャーリー・ガルシア、ダビ・レボン、オスカル・モロとセル・ヒランを結成。10枚以上のアルバムをリリースし、アルゼンチン・ロック、スパニッシュ・ロックの逸材として知られるグループとなった。1983年にはパット・メセニー・グループに加入。マルチ奏者、ボーカリストとして世界で活躍。『First Circle(1984)』、『Letter from Home(1989)』、『T

7