マガジンのカバー画像

世界の音楽情報誌「ラティーナ」

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これか… もっと読む
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てア… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#宮沢和史

[2022.6]【琉球音楽周遊❹】 鹿児島県 奄美諸島のシマ唄① | 宮沢和史

文●宮沢和史 *以下敬称略  “シマウタ” という言葉はそもそも奄美大島で使われていた言葉だという。“シマ” とはIslandではなく、その人の生活圏=村落、集落を指している。任侠映画のせりふにある「うちのシマ」というやつはその組織の縄張りという意味で、それと同じ意味合いの使われ方だと言っていい。我が集落ではこういう言い方をする、同じ歌であっても我が集落ではこう歌う、といったように相対的に自分のテリトリーを誇示する意味でシマという言葉は言い勝手が良いのだと思う。沖縄でも「

スキ
27

[2022.6] 【島々百景 第72回】 ポルト(ポルトガル) 

文と写真●宮沢和史  日本ではかつて『赤玉ポートワイン』が大流行した。この葡萄甘味果実酒は今から115年前の1907年(笠戸丸がブラジルのサントス港に到着した1年前)にサントリーの創業者である鳥井信治郎氏がヨーロッパのワインに手を加え、ワインにまだ馴染みのなかった日本人の口に合った果実酒を作ろうと試行錯誤を重ねて開発した日本初の大量生産可能な葡萄酒である。興味深いのはワインにいくつかのものを添加する上で、滋養というキーワードにこだわった点である。お酒というものは健康であって

スキ
45

[2022.5]【著者 & 編集者インタビュー】 宮沢和史『沖縄のことを聞かせてください』

インタビュー・文:中原 仁   宮沢和史が沖縄を訪れ、太平洋戦争を体験した人から聞いた話に衝撃を受けたことをきっかけに「島唄」を作詞作曲、THE BOOMで発表したのが1992年。空前の大ヒットとなり、国内外で数多くカヴァーされ、今も愛されて続けている。  以来、30年。奇しくも沖縄の日本復帰50周年にあたる2022年。宮沢和史が自身の文章と、沖縄に生きる10人の人々との対談・鼎談を通じて沖縄と向かい合った書籍『沖縄のことを聞かせてください』(双葉社)が刊行された。全て書き

スキ
110

[2022.5] 【島々百景 第71回】 加計呂麻島(鹿児島県) 

文と写真●宮沢和史  自分の旅は基本的に音楽を絡めたものであることがほとんどである。シンガーソングライターという職業に携わっているわけだから、旅=音楽の旅 になるのは当然のことだが、振り返ってみると海外への旅もほとんどがコンサートやイベントへの出演やプロモーション、もしくは、レコーディングが目的の渡航だった。そうでなかったとしても、曲作りのための取材だったり、実際に作曲するための旅がほとんどだった。国内外問わず、他人よりも多くの旅をしているはずであるが、バカンスであるとか、

スキ
105

[2022.4] 【島々百景 第70回】 名護(沖縄県)

文と写真●宮沢和史  日本全国の民謡と呼ばれる歌の総数が何曲なのかは知らないが、そのうちのおよそ半数が沖縄民謡であるというから驚きだ。沖縄民謡と一口で言っても、それぞれの島にはそれぞれの歌があるわけだし、神との交信のための神歌や五穀豊穣を祈願する時や、収穫時に神からの豊かなる恵みに感謝する芸能であるウスデークといった祭事に歌われる歌、舞踊曲や芝居曲、わらべ歌、そういった“民衆の歌”を含めるととても半数ではきかないだろう。  国内で今も民謡が盛んな地域は少なくない。しかし、新

スキ
127

[2022.3] 【島々百景 第69回】 『瀬底島(沖縄県)

文と写真●宮沢和史  ロシアとウクライナとの戦争と言っているが、これは戦争ではなく侵略だ。名前を口に出すのもいやだが、ロシアのリーダーは自国をピアーズ・ブロスナンの頃のロシアに、いや、ロジャー・ムーアやショーン・コネリーの時代へとたった数日で逆行させてしまった。巨大な商業的システムの上で流通する音楽以外にも世界には豊かで素晴らしい音楽がたくさん存在するということを知っているラティーナの読者のみなさんにとって、そして、ラティーナに関わってきた関係者一同にとって、この不条理な侵

スキ
103

[2022.2] 【島々百景 第68回】 浜比嘉島・宮城島・伊計島 (沖縄県)

文と写真●宮沢和史  沖縄本島周辺の主要な島々にはフェリーを使って大体渡ることができる。西海岸を北部から見ていくと伊平屋島・伊是名島・伊江島・水納島・粟国島・渡名喜島・久米島・慶良間諸島。東海岸では津堅島・久高島がある。筆者が渡ったことのない島もまだまだ多い。北部では本部港・運天港、南部では那覇 泊港と各島々を結びたくさんのフェリーが行き来する。昨年は小笠原の大噴火に起因する軽石の漂着でいずれの港も一時フェリーが出航できず、人々のライフラインが滞った。奄美諸島や沖縄県の島々

スキ
113

[2022.1] 【島々百景 第67回】 Ruben Rada @ 中野

文と写真●宮沢和史  毎月Covid-19の話題から書き始めるのが恒例になってしまっていて申し訳ないと思いながらも、毎月のように新展開があるのでなかなか放ってはおけない。年末に差し掛かりヨーロッパを中心として新規感染の第6波が来ているというニュースが聞こえてきたと思ったら、その後あちこちでこの2年間で最悪の数字を更新している。年明けの数字を見て驚いた。1日の感染者数がフランスやスペインでは約 30万人を超え、イタリア、イギリスなどでも10万人を超えている。そして、驚愕したの

スキ
65

【琉球音楽周遊 ~沖縄本島の島うた③~ 】戦中戦後生まれの唄者たち|宮沢和史

文●宮沢和史 *以下敬称略  1945年、ズルズルと地の果てに引きずられるようにして終息を迎えた沖縄戦から日本の敗戦を経て、沖縄はアメリカ合衆国へと手放され、1972年の沖縄の日本返還までの27年間、アメリカ合衆国の統治下に置かれることになった。いわゆる、「アメリカ世」の時代である。この「琉球音楽周遊」で紹介した小浜守栄、嘉手苅林昌、山内昌徳、登川誠仁、糸数カメ、そして、前川朝昭、津波恒徳、金城睦松、知名定繁、照屋林助、喜納昌栄、らの活動によって沖縄戦の終結からしばらくし

スキ
26

[2022.1]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑯ 台湾といえば…魯肉飯(るーろーふぁん)

文と写真●宮沢和史  レシピ記事ですが、2回お休みしてしまいました。楽しみにお待ちいただいていたみなさん、申し訳ありません。今月は、宮沢さんから台湾料理の「魯肉飯」をご紹介していただきます。(編集部)

スキ
21

[2021.12]「沖縄からの風 コンサート2021」 ライヴレポート

文●東 千都 写真●ほりたよしか 写真提供●株式会社よしもとミュージック  朝晩冷えてくるようになった11/24、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で「沖縄からの風コンサート2021」が開催された。沖縄と深く関係する宮沢和史、夏川りみ、大城クラウディアの3人によるプロジェクト。沖縄民謡や、沖縄のポップス、そして彼らの持ち歌によるコンサートだ。  10/23に沖縄からツアーが始まり、今日の渋谷が7公演目である。コロナ禍で沖縄に行きづらい中、沖縄からの風を各地に届

スキ
22

[2021.11] 【島々百景 第66回】沖縄北部|沖縄県

文と写真●宮沢和史  緊急事態宣言からようやく解放された。第6波は確実にやってくるだろうが、もうひと我慢すれば第5波ほど新規感染者数が膨らまないんじゃないかと楽観視しそうになったが、ここへきて韓国やドイツなどで大きな波が再来したということをニュースで知ると、まだまだマスクは外せないのかと気が滅入る。  東京か沖縄のどちらかに緊急事態宣言が発令されていたら沖縄には行かない。沖縄の仕事は全てキャンセルする。と心に決めてそれを実行してきた。この2年間沖縄が遠かった。こんなに遠く

スキ
46

[2021.10] 【島々百景 第65回】奈良井宿|長野県 【文と写真 宮沢和史】

文と写真●宮沢和史 ※宮沢和史氏の『沖縄からの風』コンサートツアー、新作音源、に関しての情報は以下をご覧ください。 宮沢和史オフィシャルHP https://www.miyazawa-kazufumi.jp/news_1.html 楽曲『沖縄からの風』 先行配信 http://yoshimoto-me.co.jp/artist/miyazawakazufumi/news_detail/6503/ Spotify【Music + Talk】 特別プログラム「沖縄からの風

スキ
49

【琉球音楽周遊 ~沖縄本島の島うた②~ 】 近代沖縄民謡を築いた女たち|宮沢和史

文●宮沢和史 *以下敬称略  前回紹介した “マルフクレコード” 創始者普久原朝喜の息子さんであり、ご自身も沖縄を代表する作曲家・演奏家・プロデューサーである普久原恒勇氏の事務所でお話をさせていただいた時の氏の言葉が大変印象的だった。「歌う上で、島言葉の豊かな発音が時代とともに簡略化されていく流れは止められない。しかし、沖縄らしい “発声の仕方” は若い人にも守っていってもらいたい」というものだ。  例えば同じ「い」でも発音の仕方は幾通りかある。しかし、現代では「い」は「

スキ
23