[2021.05]【ピアソラ~生誕100年】超実用的ピアソラ・アルバム・ガイド on Spotify Part 8
見出し画像

[2021.05]【ピアソラ~生誕100年】超実用的ピアソラ・アルバム・ガイド on Spotify Part 8

文●斎藤充正 texto por Mitsumasa Saito

[著者プロフィール] 斎藤充正 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研究の世界的第一人者。
※こちらの記事は、5/12からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから

 今月(5月)には、3月に生誕100年を迎えたアストル・ピアソラの関連行事が続く。

 まず、ご案内がギリギリになってしまったが、5月4日(火・祝)はNHK-FMで12時15分から21時15分まで『今日は1日“ピアソラ”三昧』が生放送される(18時50分から19時20分までニュース中断あり、一部収録あり)。バンドネオンの小松亮太と竹内香苗アナウンサーを案内役に、コーナーごとに様々なテーマを設け、リクエスト・コーナーを挟みながらの9時間。トーク・ゲストも国府弘子、美輪明宏と豪華で、私も後半に登場予定。番組のホームページはこちら。
https://www4.nhk.or.jp/zanmai/397/

らじる★らじるにて5月7日正午から1週間限定で配信中。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0097_01

 東京フィルハーモニー交響楽団の5月定期演奏会に於いて、ピアソラが1951年に作曲したオーケストラ作品『シンフォニア・ブエノスアイレス』(作品15、原題は『ブエノスアイレス(3つの交響的楽章)』)が日本初演される。指揮はアンドレア・バッティストーニ、バンドネオンは小松亮太と北村聡。公演は次の3回が予定されているが、無事に開催されるのを祈るのみだ。
 5月12日(水)19:00 東京オペラシティコンサートホール
 5月13日(木)19:00 サントリーホール
 5月16日(日)15:00 Bunkamura オーチャードホール

1978年~80年

 さて、1978年3月にラウラ・エスカラーダと一時帰国したピアソラは、「シンセサイザーにはもう飽きた」と表明、キンテートの再結成を示唆し、実際に5月から演奏活動を再開した。新しいキンテートのメンバーは以下の通り。

この続きをみるには

この続き: 4,449文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)