見出し画像

[2019.12]3MA バラケ・シソコ、ドリス・エル・マルミ、ラジェリの3達人が織り成す 瑞々しいアンサンブル

文と写真●松山晋也

text & photos by SHINYA MATSUYAMA

 コラを弾くマリ人のバラケ・シソコ、ウード奏者のモロッコ人ドリス・エル・マルミ、そしてマダガスカルのヴァリの名人ラジェリ。この3人から成るユニット3MAが去る10月に初来日公演をおこなった。アフリカ大陸の三つの異なる撥弦楽器が織り成すアンサンブルは精妙にして自在。コンサートでもその瑞々しい響きに客席からは感嘆の声が上がっていた。

 このユニットが誕生したのは2006年。モロッコで知り合ったのをきっかけにマダガスカルで初共演したラジェリとドリスが、バラケにも声をかけたのだという。翌07年にはレユニオンのフェスで初めて3人で演奏し、そのままアルバムも録音。そのデビュー・アルバム『3MA』は08年にリリースされた。が、3人が3人とも様々なプロジェクトに関わる多忙な音楽家ゆえ、次の作品を作る機会がなかなか訪れず、結局セカンドアルバム『Anarouz 希望』が出たのは2018年(日本盤は今年発売)である。

画像1

3MA『Anarouz 希望』

 日本酒をグビグビやりつつのインタヴュー。ドリスは「僕らはイスラム教徒である前にミュージシャンだからOKなんだ」と、意味不明の屁理屈をのたまうのだった。

 なお、マダガスカルのヴァリ(Valiha)は日本では従来ヴァリハと呼ばれてきたが、「現地では〈ha〉は発音しない」とのラジェリの言に従って、ここではヴァリと表記する。

この続きをみるには

この続き: 1,721文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年12月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年12月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年12月号
ラティーナ|2019年12月号
  • 24本
  • ¥950

ラティーナ2019年12月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。