見出し画像

[2020.01]メストリーニョと、 サンフォーナの普遍的サウンド

文●ヂエゴ・ムニス text by Diego Muniz

 ブラジルで最もポピュラーな楽器のひとつであるサンフォーナ。その歴史は、ルイス・ゴンザーガ、ドミンギーニョス、シヴーカやエルメート・パスコアールといった北東部の偉大な音楽家とリンクしている。アーティスト達により、アコーディオンは大衆から批評家まであらゆる者の心を掴み、クラシックとポピュラー音楽の間の壁を壊し、MPBの繁栄にも多大なる貢献をした。

 新世代のミュージシャン達は、数々の偉人が描いてきた道をたどるだけでなく、その音の多様性を活用して、ブラジル音楽におけるサンフォーナの位置を確かなものにし、ますます普及させていこうとしている。

 そんな若手サンフォーナ奏者の中でも、MPBの大御所とも多数共演していることで頭角を現してきているのが、エヂヴァルド・ジュニオール・アウヴェス・ヂ・オリヴェイラ、通称メストリーニョだ。

 セルジッペ州イタバイアーナに生まれ、ここ10年以上はサンパウロをベースに活動中の彼は、これまでエルバ・ハマーリョ、ジルベルト・ジル、ドミンギーニョス、ジャイール・ロドリゲスやイヴェッチ・サンガロらと録音。ライブでは、エルメート・パスコアール、ホーザ・パッソス、ゼリア・ドゥンカン、ジェラルド・アゼヴェド、エルザ・ソアレス、ベニト・ジ・パウラ、ゼカ・バレイロなどとも共演してきた。

 サンフォーナ奏者マネジーニョ・ド・カリラを祖父に、同じくプレイヤーのエリヴァウド・ヂ・カリラを父にもつメストリーニョは、北東部のサンフォーナスクールを経由し、音楽界で独自の道を切り開き始めている。編曲家、作曲家、楽器奏者でありセルジッペ出身者として、フォホーを弾き始めた彼は、ソロとしてのキャリアを確立するためにポップミュージックの世界に舵を切った。もちろん、サンフォーナを捨てることなく。

画像1

この続きをみるには

この続き: 6,887文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)