見出し画像

2021年度 立教大学ラテンアメリカ講座 受講生募集中! ~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~

🔳立教大学ラテンアメリカ講座では、2021年度の受講を受けつけています。音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチする講座がございます。

──────

「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」
講師:石橋純(東京大学教授)

 音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチします。サウンドや歌詞の背景にある文化と社会について論じます。

授業内容
 春学期は、テーマを決めて、体系的にラテンアメリカ音楽を聴いていきます。まず総論としてラテンアメリカ音楽の特徴、スペイン・ポルトガル音楽との相違点、文化混淆と音楽などについて論じます。つぎにキューバを一例としてとりあげ、この島の伝統音楽が国際的に広まり、こんにちのサルサへと変貌し、グローバルマーケットに受容されるまでを論じます。中盤では「うた」に着目し、ロマンティック歌謡や社会批評の歌などを、地域横断で聴いていきます。このシリーズではとりわけ歌詞に着目します。タンゴやボレロなど、かつて日本で一世を風靡したラテン音楽についても、この回で触れることになります。秋学期は、さまざまな地域の音楽をとりあげ、論じます。講師の得意分野はベネズエラをはじめとするカリブ海域の音楽です。折にふれ、ゲスト講師や音楽家もお招きする予定です。
 平素の授業における音楽再生は、ネット公開されている音源・映像を、講師が指定する URL にしたがって、受講生各自の端末で再生することになります。授業中に音楽を試聴できる環境をご用意ください。

その他、ラテンアメリカ政治・ラテンアメリカ文学等あり

◇申込締切:2021年3月25日(木)
◇受講料:登録料(単年度有効)15,000円
授業料(1科目通年)25,000円

◇詳細は講座HP

スクリーンショット 2021-03-05 17.08.36


「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)