見出し画像

[2017.06]【第5回 カンツォーネばかりがイタリアじゃない】The Winstons: ウィンストンズとかわむらぐん

文● 二宮大輔

画像1

 初めてぐんさんに会ったのは、もう5年以上前のことだ。彼はKAWAMURA Gunの名義でローマを中心に活動する日本人ミュージシャンで、私とは在伊日本人ミュージシャンという共通項から、フェイスブックを通して知り合った。本文では、敬意と親しみを込めて彼を「さん」付けで呼ばせてもらう。

 さて、まず目を引いたのがその独特の見た目だった。待ち合わせ場所のピニェート通りに颯爽と現れた彼は、長身に腰まであるまっすぐ伸びた黒髪、柄シャツにベルボトムのズボンといういでたちだった。地元ミュージシャンの間でも一目置かれる存在で、名前は前々から聞いていたのだが、会ってみると、まさしく異彩を放っていた。年齢不詳の彼は初めて会ったその日は、知り合いが経営するカフェで、ビートルズやグラム・ロックについて熱く語ってくれた。その語り口はとにかく辛辣。イギリスの流行の真似ばかりするローマのインディーズ・シーンを嘆いていた。只者ではない雰囲気で人を魅了する彼はいったい何者なのか。私は根本的な疑問を解消しようと、思い切って「仕事は何をしているんですか?」と尋ねてみた。するとさらなる疑問が生じる答えが返ってきた。「俺、絵を描いているんだよね」

 ぐんさんの正体は画家だったのだ。ローマの新しい文化拠点ピニェート地区を舞台に、「恥ずかしがり屋のヌーディスト」という奇妙なキャラクターをモチーフにした油絵を描いており、折に触れ個展も開いている。絵を描いているのはわかったが、それで生計が立てられているのか? イタリアでの滞在許可はどうなっているのか? 多くの謎を置き去りにしたまま、ぐんさんとの交友関係は数年続いた。そして今年の春、すでに日本に帰国していた私のもとに吉報が届いた。芸術性の高いレコード・ジャケットに贈られるベスト・アート・ヴィニール賞のイタリア部門に、ぐんさんがジャケットを描いたThe Winstons(ウィストンズ)のファースト・アルバム「The Winstons」が選ばれたというのだ。

アルバムジャケット

The Winstons『The Winstons』

この続きをみるには

この続き: 1,617文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。