見出し画像

[2020.09]トニーニョ×ジャキス×スザーノ×リミーニャ─ブラジル音楽界の最重要人物たちによるスーパーユニット「シンカンセン」が日本に捧げるアルバムをリリース | トニーニョ・オルタ インタビュー

文●花田勝暁

 もう何回聴いたか分からないが、特殊で特別、ここにしかない 「大人のためのインストゥルメンタル音楽」だ。ずっと聴いていられる。

 トニーニョ・オルタ×ジャキス・モレレンバウム×マルコス・スザーノ×リミーニャによるブラジル音楽界の重要人物4人によるユニット「シンカンセン」。ブラジル音楽ファンには、この4人の名前の連なりを見るだけでなかなかの衝撃度だが、ということは編成は... ギター×チェロ×パーカッション(但し、エレトロアクースティコ)×ベース。一体どんなサウンドなのか。この編成でやっているのは、世界広しといえど、このユニットだけだろう。

 「ライヴで演奏するためのアルバムで、基本的にオーバーダビングしていない」(リミーニャ)というアルバムのサウンド。名手たちのいい意味で力の抜けた余裕のある演奏が、このアルバムを何度聴いても「聴き疲れ」しない理由かもしれない。それぞれの曲に、4人の良さがしっかり出ているのは、メンバーの中に、 リミーニャとジャキスという名プロデューサーが2人参加しているからか。特殊な編成のはずなのに、まとまったサウンドになっている。まとまっているけど、しかし、新しい音。新しくて気持ちいい音。

 どうしてこんなスーパー・ユニットができたのか? しかも、なんで「シンカンセン」ってユニット名なのか?? 坂本龍一が参加している??? 謎の多い作品であるが、トニーニョ・オルタへのインタビューで、これらの謎を紐解いていきたい。

 読んでいただければわかるが、時間はかかるかもしれないが、ぜひこの4人で、日本にライヴをしてに来て欲しい。その時まで、このアルバムを繰り返し聴いて待っている。

 本作は、日本のみでのCD化が決定している。ソニーミュージックより10月28日発売予定。

この続きをみるには

この続き: 8,814文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年9月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
7
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)