新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2020.09]2020年タンゴダンス世界選手権デジタルの勝者、歌手部門、楽団部門の勝者も発表!



Más de 91 mil votos se recibieron esta semana para elegir a los campeones 2020 del Mundial de Baile y a los ganadores de los concursos Cantá en el Festival y Videoclips de Tango.

今週は9万1000票以上の投票が寄せられ、2020年タンゴダンス世界選手権の優勝者と、フェスティバルでの歌唱とタンゴ・ビデオクリップスコンクール(アルゼンチン国内)の優勝者が選ばれました。

Con 6.530 votos del público, Louise Junqueira Malucelli y Marcos Esteban Roberts, de Argentina, se consagraron como los nuevos campeones de la categoría Estilo Tango de Pista del Mundial de Baile, y los colombianos Diana Franco Durango y Valentín Arias Delgado, que obtuvieron 7833 votos, como los nuevos campeones en la categoría Estilo Tango Escenario. Por otra parte, la cantante María Paz Villarreal fue la finalista más votada del concurso “Cantá en el Festival” y la Orquesta Típica Andariega, la ganadora del Concurso de videoclips.

視聴者からの6,530票を得て、世界選手権ピスタ部門の新チャンピオンにアルゼンチンのルイス・フンケイラ・マルチェリとマルコス・エステバン・ロベルトが、ステージ部門の新チャンピオンにコロンビアのディアナ・フランコ・ドゥランゴとバレンティン・アリアス・デルガドが7833票を獲得して決定しました。一方、歌手のマリア・パス・ビジャレアルは、"フェスティバルで歌う"コンテストのファイナリストに勝利し、タンゴ楽団ビデオクリップコンテストはOrquesta Típica Andariegaが優勝者となりました。

Mundial de Baile TANGO BA 2020

Este año participaron del Mundial de Baile, tanto en sus categorías de Estilo Tango de Pista y Estilo Tango Escenario, bailarinas y bailarines de países como Brasil, Rusia, Argentina, Japón, Colombia, Malasia, Estados Unidos, Uruguay, Italia, Corea del Sur, Suiza, España, Bolivia y Noruega. El certamen, en ambas categorías, se desarrolló en dos etapas: una primera Preselección por un Jurado compuesto por los reconocidos bailarines, maestros y coreógrafos Gaspar Godoy, Gabriela Elías, Johana Copes y Martín Ojeda, que evaluaron el material enviado por los participantes; y luego una Final donde público de todo el mundo pudo emitir su voto en la web de Participación Ciudadana entre los finalistas y elegir al campeón de ambas categorías.

タンゴダンス世界選手権

今年のタンゴダンス世界選手権には、ブラジル、ロシア、アルゼンチン、日本、コロンビア、マレーシア、アメリカ、ウルグアイ、イタリア、韓国、スイス、スペイン、ボリビア、ノルウェーなどの国のダンサーがピスタ部門とステージ部門の両カテゴリーに参加しました。このコンテストは、両部門ともに二段階の審査で行われました。第一次審査は、有名なダンサー、教師、振付師であるガスパル・ゴドイ、ガブリエラ・エリアス、ジョハナ・コペス、マルティン・オヘダからなる審査員が参加者から送られてきた資料を評価し、第二次審査は、世界中の一般市民が市民参加のウェブサイトでファイナリストの中から投票を行い、両部門のチャンピオンを選ぶというものでした。

En la categoría Estilo Tango de Pista se consagró campeona (con 6.530 votos) la pareja de Louise Junqueira Malucelli y Marcos Esteban Roberts, representantes de CABA, Argentina. El segundo lugar lo obtuvo la pareja conformada por Raquel Makow y Maxi Copello (6.478 votos) y el tercer puesto fue para Iara Duarte y Jesús Paez (3.652 votos), ambas de CABA, Argentina. Mientras que en la categoría Estilo Tango Escenario, la pareja campeona (con 7.833 votos) estuvo conformada por Diana Franco Durango y Valentín Arias Delgado de Manizales, Colombia; el segundo puesto fue para Lola Gutierrez Rey y Emmanuel Marin (6.310 votos), representando a Mar del Plata, Argentina; y el tercer puesto lo obtuvo la pareja de Iara Duarte y Jesús Paez (4.433 votos) también de CABA, Argentina.

ピスタ部門では、アルゼンチンCABA(ブエノスアイレス自治都市)代表のルイス・フンケイラ・マルチェリとマルコス・エステバン・ロベルトのカップルが優勝(6530票)。2位はラケル・マコウとマキシ・コペロのカップル(6,478票)、3位はアルゼンチンのCABA出身のイアラ・ドゥアルテとヘスス・パエス(3,652票)でした。ステージ部門の優勝カップル(7,833票)は、コロンビア、マニサレス出身のディアナ・フランコ・ドゥランゴ&バレンティン・アリアス・デルガド、2位はアルゼンチン、マル・デル・プラタ出身のローラ・グティエレス・レイ&エマニヌエル・マリン(6,310票)、3位は同じくアルゼンチンのCABA出身のイアラ・ドゥアルテ&ヘスス・パエス(4,433票)でした。

Concursos nacionales “Cantá en el Festival” y “Videoclips de Tango”

全国(アルゼンチン)大会 歌手コンクール「カンタ・エン・エル・フェスティバル」と、演奏家コンクール「ビデオクリップ・デ・タンゴ」の結果

En esta edición especial de Tango BA también tuvieron lugar dos concursos nacionales para músicos. Por un lado, “Cantá en el Festival” que convocaba a cantores y cantantes a enviar su video cantando un tango a elección. Se postularon artistas de todo el país, y el jurado seleccionó a 5 finalistas entre los cuales hoy, con 5359 votos, se impuso como ganadora la marplatense María Paz Villarreal. Tango BA también organizó el primer Concurso nacional de videoclips de tango, para grupos o solistas. Los músicos podían producir el video para el Festival o presentar material preexistente. Entre los cientos de postulantes, quedaron seleccionados 5 finalistas, y con 9784 votos, la Orquesta Típica Andariega se quedó con el premio.

今回のタンゴBAでは、音楽家のための全国大会も2つ開催されました。一方では、歌手が好きなタンゴを歌っている動画を送ってほしいと呼びかけた「Sing at the Festival」。全国から応募のあったアーティストの中から、審査員が5名のファイナリストを選出し、5359票を獲得したマル・デル・プラタのマリア・パス・ビジャレアルが優勝しました。また、グループやソリストを対象とした初の全国タンゴビデオクリップコンテストを開催しました。ミュージシャンは、フェスティバルのためのビデオを制作したり、既存の素材を提示したりすることができます。何百人もの応募者の中から5人のファイナリストが選ばれ、9784票を獲得したオルケスタ・ティピカ・アンダリエガが受賞しました。

Aquí, el listado completo con los votos obtenidos por cada una de las parejas y concursantes finalistas.

以下、ファイナリストたちの得票リスト

Estilo Tango de Pista ピスタ部門

Puesto 1. Louise Junqueira Malucelli y Marcos Esteban Roberts / CABA, Argentina
6,530 votos

Puesto 2. Raquel Makow y Maxi Copello / CABA, Argentina
6478 votos

Puesto 3) Iara Duarte y Jesús Paez / CABA, Argentina
3652 votos

Puesto 4. Mayi Yepes Arboleda y Camilo Bernal Varela / Medellín, Colombia
2952 votos

Puesto 5. Ezgi Ömüriş y Alejandro Beron / El Jaguel, Pcia. BA, Argentina
2276 votos

Puesto 6. Becky Navarro y Lucas Robañera / Bahía Blanca, Pcia. BA, Argentina
2140 votos

Puesto 7. Maureen Urrego y Carlos Urrego / New Orleans, Estados Unidos
1316 votos

Puesto 8. Valentina Bertanzon y Marco Morari / Verona, Italia
1057 votos

Puesto 9 Julia Osina y Stanislav Becker / Moscú, Rusia
771 votos

Puesto 10. Irem Öztürk Eliassen y Gøran Eliassen / Bergen, Noruega
440 votos

Estilo Tango Escenario ステージ部門

Puesto 1. Diana Franco Durango y Valentín Arias Delgado / Manizales, Colombia
7833 votos

Puesto 2. Lola Gutierrez Rey y Emmanuel Marin / Mar del Plata, Argentina
6310 votos

Puesto 3. Iara Duarte y Jesús Paez / San Telmo, CABA, Argentina
4433 votos

Puesto 4. Eliana Almeciga y Carlos Arias / Medellín, Colombia
3475 votos

Puesto 5. Tanya Gutierrez y Sebastian Avendaño / Medellín, Colombia
2027 votos

画像5

Cantá en el Festival 歌手コンクール(アルゼンチン国内のみ)

Puesto 1. Maria Paz Villarreal / Mar del Plata, Buenos Aires.
5359 votos

Puesto 2. Juan Manuel Olsina Cerra / CABA
4892 votos

Puesto 3. Andrea López / Villa Adelina, Buenos Aires.
2497 votos

Puesto 4. Giacomo Medici / Mendoza
2247 votos

Puesto 5. Kaori Orita / CABA
1447 votos

Concurso de Videoclips de Tango(アルゼンチン国内のみ)

Puesto 1. Orquesta Típica Andariega / CABA
9784 votos

Puesto 2. El Cachivache Orkesta /CABA
5131 votos

Puesto 3. Tanghetto / Buenos Aires
2716 votos

Puesto 4. Chifladas Tango / CABA
2499 votos

Puesto 5. L'Evasion / CABA 2384 votos

審査員によるファイナリストと得点

ピスタ部門

スクリーンショット 2020-09-02 14.08.17

スクリーンショット 2020-09-02 14.09.09

スクリーンショット 2020-09-02 14.09.40

ステージ部門

スクリーンショット 2020-09-02 14.20.35

タンゴダンス・アジア選手権実行委員会より

 この度のデジタルによるTANGO BA2020につきましては、最初8月7日頃になって、ブエノスの主催者から連絡があって、今年はデジタルでやるから協力を、と連絡があり、元のアジアチャンピオン達の映像が欲しい、グローリアとエドゥアルドの映像が欲しい、しかも締め切りは3日後、というとんでもない依頼でした。何故、こういうことになったか? それは現在の世界選手権&フェスティバルを実行するのがブエノスアイレス市のフェスティバル・イベント部で、昨年までとおなじマクリの政権の仲間達ですが、現在のアルゼンチンの国の方はマクリが政権を取る前の、この世界選手権を始めたアルベルト政権がついています。ですから、もともと少しはギクシャクしているのでしょうが、何より今年は世界的なCOVID-19に振り回されていたのです。隣国のブラジルは皆さんもご存じの通り、もの凄い感染者で大騒ぎしているのですが、アルゼンチンは徹底的な空港封鎖や、外出まで控えさせて頑張った結果、当初はかなり低く抑えていたのですが、その後、感染者は増えるばかり。丁度、この選手権の決定の頃は、市政府も、国の政府もコロナ対策に躍起で、この企画も直前まで全く議案にも登らず、時間が経っていたのだそう。ところが、直前になってほんの少しの予算がついて決行となったらしいのです。企画の担当は、今までやってきた選手権の若手の実行部隊。「せっかく世界に広まっているこのタンゴ熱をなくしたくない」と熱く訴えて、今年はデジタルで、となったのです。しかし、恐らく国内の参加者にはもう少し前から準備させていたらしいのですが、外国も入れることになったのは急遽決まったことらしいのです。ですから、私たちも少し動いて、何人かがこの時間のない中、協力してくれたのですが、その直後にまたルールが変更、世界中から誰でも応募できるとなったのですが、アジア選手権の実行委員会としては、今年はとてもじゃないが、こんな状態では応援できないので告知だけは協力すると言うことにしていたのです。ただ、グロリアを失ったばかりですっかり悲嘆に暮れているエドゥアルドに、グロリアのためだから、と連絡。彼が持ってる一大映像コレクションを市に提供することになったわけです。グロリアとエドゥアルドの映像は、時間のない割にはなかなか良くできていたと思います。彼のコレクションはタンゴの宝ものばかりですから。

 さて、この市の若い仲間には、何人かのタンゴ・ダンスのマエストロたちから批判が集まったり大変だったようです。自分のところには何の連絡もない、と言ったレベルのコトだったようです。ですが、現在、アルゼンチンの経済情勢は皆さんもご存じの通り、もう全く猶予もない処に来て居るのに、コロナ対策だけは頑張っているのが実情です。支払える出演料もほとんど許されていなかったわけですから。とは言え、未だ感染率は下降するでもなく、市も国もほとんどの人材をそちらに当てて頑張っていると聞いています。

 そこで、短すぎる準備期間を提示されて、今年はビデオ参加を諦めた方が沢山居たと思います。でも、最初はタンゴにさほど詳しくない若いスタッフたちが、なんとか知恵を絞って本当に苦しい中、実現させたフェスティバルです。今年に関しては、我々も一杯言いたいことはありますが、ここはグッとこらえて、ここまで仕上げてくれたブエノスの特に若いスタッフ達に拍手を送って欲しいと思います。来年もどうなるかはわかりませんが、今のところアジア選手権も6月の上旬で会場も押さえております。来年は必ずどんな形であれ、実行するつもりです。早速練習の方を始めて下さい。そして、今年のこのフェスティバルの映像は、youtube でいつでも覗けますので楽しんで観て下さい。貴重な映像も一杯です。

(2020年9月2日掲載)

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。