見出し画像

【連載 TÚ SOLO TÚ #233】 フアン・ルイス・ゲーラ 5年ぶりの新作はあるがままのエッセンスが満載

文●岡本郁生

 かつて一世を風靡したスターが相変わらず活躍しているのを見るのはやはり嬉しい。マーク・アンソニーしかり、アルバムこそ何年も出していないもののコンスタントに活動を続けていたドミニカ共和国のスーパー・スター、フアン・ルイス・ゲーラが5年ぶりのニュー・アルバム『リテラル』を発表した。

「この最新作は、ある意味で、『リテラル(「文字どおり」の意)』であることのエッセンスを集めたものなんだ」と彼はAP通信のインタビューに答えている。「娘のパウリナがいつもその言葉を使う。『パパ、文字どおりよ』と。これがアルバム・タイトルにピッタリだと思った。何も付け加えずにあるがまま。とてもモダンで現代的でカッコいい言葉じゃないかと」

画像3

Photo by Enric Minguillón

 4月4日にリリースされた先行シングルの「キティプン」は地元ドミニカ共和国とプエルトリコで1位、ビルボード誌「トロピカル・ソング」チャートで4位を獲得し、5月末に発表されたアルバムは「トロピカル・アルバム」で7位に。ゲーラ本人とキーボード奏者のジャニナ・ロサドの共同プロデュースであり、録音はドミニカ共和国の自身のスタジオとロンドンのアビーロード・スタジオで行われている。パーカッションのフアン・デ・ラ・クルス〝チョコラーテ〟はじめバンドは名手ぞろい。ロジャー・サヤス、アダルヒサ・パンタレオンという在籍30年以上となるコーラス・メンバーを中心とした完璧なコンビネーションによるしなやかなサウンドが素晴らしい。そして何よりも、ゲーラの声が伸びやかでまろやか、彼ならではの世界を展開している。とはいえ、ゲーラ本人によれば、今回は特に「若者たちにアピールすること」を目指したという。

この続きをみるには

この続き: 2,514文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年10月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年10月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。