見出し画像

[2019.10]akiko × 林 正樹

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA

 幅広い音楽性で独自のポジションを築いてきたジャズ・ヴォーカリストのakikoと、ピアニストの林正樹が、初のデュオ作『spectrum』を完成させた。口ずさむようなヴォーカルと、リリシムズ溢れるピアノが静謐でニュアンスに富んだ音楽を紡ぐ。傑作アルバムを完成させた2人に話をきいた。

── 林さんがSNSで「個人的にも繰り返し聴きたいと思える素敵な作品になったと自負しております」と書かれてました。

林 正樹 一回聞いただけではわからない、というかすごく深みのある作品ができたなと思って。何度も聞いてもらうことによってわかってもらう部分があるから、そうなったらいいなと、そういうメッセージも込めて書きました。当初はakikoさんの新作を僕がプロデュースさせてもらうという流れだったんですけど……。

akiko レコーディング前に、連名にしたいって話をしたかな。

林 正樹 最初は僕はそのつもりじゃなかったんです。とは言ってもレコーディングの内容が変わる訳ではないのですけど。自分のリーダー作的なものが増えたなっていう感覚です。

画像1

── akikoさんが、別のインタビューで、林さんとは数学的な感覚が似てるっておっしゃってましたが、どういうことですか?

この続きをみるには

この続き: 3,502文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)