見出し画像

[2019.01]ブラジル新世代鼎談 〜フレデリコ・エリオドーロ×ガブリエル・サンチアゴ×コンハード・ゴイス

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO

 新世代の作曲家たちを巻き込んだ、サンパウロを中心とする音楽ムーヴメント、〝ノヴォス・コンポジトーレス〟を牽引してきたヴォーカリスト、ダニ・グルジェル。ここ数年継続して毎年来日公演を行なっており、昨年はディスク大賞にもランクインしてきた人気グループ〝シンコ・ア・セコ〟のメンバーでもあるト・ブランジリオーニがゲストとして参加し話題を呼んだ。

 今年は7月に爽快な作品『TUQTI』の制作に携わったメンバーが来日。カート・ローゼンウィンケルの〝カイピ・バンド〟でも活躍し、地元ミナスをしっかりと基盤にしつつ、国内外での活躍が目覚ましいベース奏者、フレデリコ・エリオドーロ。プロデューサーやサポートミュージシャンとしての印象が強いが、タチアナ・パーハが録音した「ジャルヂン」という曲が素晴らしく、アーティストとして情報が少ないのでとても気になっていた、エレクトロニック・ギター、コンハード・ゴイス。そして、アメリカを拠点に活動しているというアコースティック・ギター、ガブリエル・サンチアゴと3人にこれまでのこと、そして近年の活動について聞いた。アルバム『TUQTI』では、それぞれ曲も提供しており、三様のよさが反映された作品となっている。

 インタビューは、7月26日、ブルーノート東京での公演の合間に楽屋にて。

この続きをみるには

この続き: 3,431文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。