見出し画像

[2019.01]パンチョ・アマート キューバの国宝的トレス奏者、待望の再来日!

文●太田亜紀 text by AKI OTA

 今年は日本とキューバ外交関係樹立90周年、キューバ解放60周年という日本とキューバにとって意義深い年。そんな年にふさわしいビッグ・アーティストが久々に来日する。パンチョ・アマートは現在、キューバ国内外の批評家に現代最高のトレス奏者と評される。その功績が評価されキューバ政府から2010年キューバ音楽大賞が贈られた。キューバ音楽の歴史、伝統のリズムやトローバ、クラシックギターやピアノのモントゥーノまで徹底的に研究。現在はキューバ発祥の複弦3コースのシンプルな外見でありながら実に奥深い世界を持つ弦楽器、トレスを後世に伝える教育者としても活躍している。

 2006年ハバナの国際ジャズフェスのオープニングでチューチョ・バルデスのゲストとしてラウー奏者のバルバリート・トーレスとともに出演したときの映像を見たが、早弾きや技巧だけではない。その味といい、キューバらしさ(クバニア)といい、とにかくインパクトのある演奏だった。

 ハバナ大の学生だった1971年、グルーポ・マングアレを立ち上げ、リーダーとして世界各地を公演。チリではヌエバ・カンシオンのビクトル・ハラやインティ・イリマニとも交流し、ケーナやチャランゴなど当地の楽器も習得するなど大きな影響を受けたという。その後アダルベルト・アルバレス・イ・ス・ソンを経て2000年に自身のグループ、カビルド・デル・ソンを結成。この伝統的なソンのセプテート編成で年明けから日本ツアーを敢行することになった。その革新的な奏法に隠された秘密、来日公演のみどころをたっぷり語ってもらった。

画像1

—— トレスとの出会いは7歳のときですか?

パンチョ・アマート 僕が通っていた小学校の先生が、僕が音楽に興味があることを父に話してくれた。僕が住んでいた地域は田舎で、ソンやグアヒーラ(農民音楽)が盛んだった。それで父がトレスを手に入れて家に持ち帰ったのだけれど父ははじめ、それがギターだと思っていた。形が同じだから。でも弦は違う。それで遊びのなかでトレスを弾き始めた。それがトレスとの出会いだった。

この続きをみるには

この続き: 3,569文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。