[2022.1]【連載 シコ・ブアルキの作品との出会い⑰】  いったい何なのか — O que será
見出し画像

[2022.1]【連載 シコ・ブアルキの作品との出会い⑰】  いったい何なのか — O que será

e-magazine LATINA

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura

※こちらの記事は、1/26(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

中村安志氏の「シコ・ブアルキの作品との出会い」、「アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い」の2連載を交互にアップしています。ブラジルで最も人気も高い2人の音楽家の作品を、外交官としてブラジルに長く滞在した中村安志氏が曲の成り立ちから、社会的背景に至るまで詳しく解説。ブラジル音楽を更に深く聴くための人気連載です。今回は、シコの作品です。(編集部) 

 ブラジル北東部バイーア地方が誇る文豪ジョルジ・アマードの人気小説に、『Dona Flor e seus dois maridos(フロール奥様と彼女の二人の夫)』という、有名な作品があります。植民地時代のブラジル旧首都であるサルヴァドールの街を舞台に、博打うちの遊び人である夫ヴァジーニョがカーニバルで命を落とし、残された未亡人フロールは、信心深い薬剤師テオドーロと再婚するものの、戻ってきた亡夫の亡霊と新しい夫との間で迷いながら暮らすという物語です。
 この小説を原作とした映画が1976年に制作され、シコ・ブアルキに委嘱された主題歌のタイトルが、「O que será(何なのか)」。少し謎めいた題名ですが、いろいろなメッセージを投げかけてくる内容です。

↑映画「フロール奥様と彼女の二人の夫」のあらすじ」

この続きをみるには

この続き: 2,603文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)