見出し画像

風を奏でる音楽家のダイアリー #01 コミュニケーション

文 ● ジョアナ・ケイロス

 アルバムをリリースすることは、私にとって海にメッセージボトルを放つような行為。暗号のようなメッセージが、この大海のどこかに同じような気持ちを抱いている人を見つける、というおぼろげな使命を携え、放浪する。

 作曲という行為は、表現したい! というある種の差し迫った気持ちによってされる。内にしまい込んではおけなくて、外に放出したい溢れ出る気持ちによってされる。演奏することでは、コミュニケーションマジックが引き起こされる。その前までただ感覚的だったところに、親近感が生まれて、形になる。聴く人は音を覚えて、そして口ずさむ。そして、大なり小なり心の動きを感じる。その音楽が生まれる発端となった気持ちを人と共有できる。ライヴというのは、ミュージシャンと観客とがつながる魔法が生まれて、まるで会話をしているみたい。ステージ上で交わされるミュージシャン同士の対話は、聴く人にも伝わって、それは視線や、表情、笑顔、拍手、感嘆や静寂などによってかえってくる。目を閉じて音に聴き入る人もいる。人は時に、音に触れて行動を起こす衝動にかられることもある。言葉にしたり、抱きついてきたり(これには面白いエピソードがあるのですが、また今度お話しすることにします)。コンサートが終わって、自分の中に感情をそっとしまいこんで静かに会場を後にする人もいる。他の作品のインスピレーションとなって、後になって詩が生まれたり、絵画が生まれたり、新しい曲が生まれたりすることもある。そして時に音楽は人に平静をもたらし、喜びをもたらす。音楽は、心に新しい息を吹き込んで、心地よさをもたらしてくれる。あまり心に響くことなく、すぐに忘れてしまうこともあるかもしれないけれど。

この続きをみるには

この続き: 743文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年7月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年7月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。