見出し画像

[2017.01]島々百景 #11 宮古島

文と写真:宮沢和史

クイチャーフェスティバル2016

 今から26年くらい前、沖縄を好きになって沖縄のことなら何でも知りたくて、沖縄民謡を聴きながら片っ端から島に関する本を読んだり映画を観たりと、俗にいう『沖縄病』を患った。当時は数えるほどしかなかった東京の沖縄居酒屋に通い、嗅覚や味覚を養ったりもした。今思えば子供の頃どこからともなく聴こえてきた喜納昌吉さんの大ヒット曲「ハイサイおじさん」に耳を奪われ、細野晴臣さんや坂本龍一さんら大先輩達の沖縄音楽への接近に刺激を受け、影響され、とどめは沖縄の民謡レーベル「マルフクレコード」から発売されているたくさんの音源に触れたことによって、完全に『沖縄病』が発症した。要するに僕の場合、長い長い潜伏期間があったわけだ。何にそんなに魅了されたんだと良く聞かれるが、まずはもちろん音楽。三線の音色と琉球音階の独特の響き、意味は分からなかったがウチナー口と呼ばれる独特の言葉にすっかり魅了された。理由なんてない。恋に理由は必要ない。しかし、一言で沖縄といっても地域によって印象が異なるし、沖縄本島を離れ他の島に渡るとそこには本島とはひと味もふた味も違う唯一無二の世界が存在することを知るのにそんなに時間はかからなかった。

この続きをみるには

この続き: 1,893文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
3
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)