今日はサンバの日! 自宅で聴くサンバもいいもんだ!!
見出し画像

今日はサンバの日! 自宅で聴くサンバもいいもんだ!!

ブラジルでのサンバの日は…3月8日ではなくて、12月2日です。本日、ブラジルでサンバの日です! 
なぜ12月2日なのか…という由来ですが、
12月2日に作曲家のアリ・バホーゾが初めてサルヴァドールを訪れたのというのが由来になっています。

例年は、サンバの日と言えば「トレン・ド・サンバ(Trem do Samba)」(サンバ列車)という、セントラル・ド・ブラジル駅からオズヴァルド・クルス駅まで、列車の中でサンバを演奏しながら向かう電車が名物なんですが、今年は、やはりコロナで開催はなく、
代わりにオズヴァルド・クルス地区(ポルテーラの誕生の地)にあるポルテーラのクアドラで、サンバ列車の発案者でもあるマルキーニョス・ヂ・オズヴァルド・クルスが、ジョルジ・アラガォン、モナルコ、ネルソン・サルジェント、ノカ・ダ・ポルテーラ、ゼー・ルイス・ド・インペーリオをゲストに迎えて、ライヴを行います。

ライヴは生配信されます。ブラジル時間で、12月2日PM7時からなので、日本時間だと、12月3日AM7時からですね。
サンバ列車は、寄付として食料を持っていくと、寄付と交換に電車に乗れるという仕組みもありますが、この配信中も、寄付を募るということです。

↓生配信が見れるのはこちら。

↓現地のニュースはこちら。

また、サンバ関連のパーカッションを生産している楽器メーカーのコンテンポラーネアは、サンバの日を記念したサンバのプレイリストをSpotifyで公開しました。往年の名曲中心ですが、最近の曲も入っています。

こちらは、Spotify公式の「サンバンド・エン・カーザ(自宅でサンバ)」というプレイリストです。なんかとっても若手のエース、ヂオゴ・ノゲイラの曲が多いんですが、いい感じです。

再び、自宅で自粛しているという人も多いでしょうが、自宅で聴くサンバも味わい深い。自宅で聴くサンバもいいもんだ! 

(ラティーナ2020年12月)



「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)