[2019.04]平成のワールドミュージック ③平成11年〜平成15年

[2019.04]平成のワールドミュージック ③平成11年〜平成15年

●平成11年(1999年)

◆ヌスラットの生涯を凝縮したような遺作

『ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン/スワン・ソング』

99_ヌスラット

 97年5月4日に地元パキスタンで収録された2枚組のライヴ盤。結果的にこれが、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンのファイナル・パフォーマンスとなり遺作となった。ヌスラットは、元々はスーフィズムを広めるための音楽だったカッワーリーを独自の意識で発展させていた。この日は、前半はハーモニウムとタブラを使うオーセンティックな編成のカッワーリーを演奏し、後半になると西洋のさまざまな楽器を入れてアグレッシヴにカッワーリーを奏でている。ヌスラットの音楽家としての生涯を凝縮したような構成になっていて見事と言うほかない。中村とうようによる日本盤のライナーで「自分たちは愛についてさまざまに歌うが、それらを神への愛と解釈するか男女の愛と解釈するかは聞く人の自由だ。聞き手がイスラーム教徒だろうがキリスト教徒だろうが気にしない。人の心は同じだから」というヌスラットの言葉が紹介されている。まさに開かれた音楽なのだった。(石田昌隆)

この続きをみるには

この続き: 5,086文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)