見出し画像

特集 編曲する女性たち|レア・フレイリが奏でるブラジルの音色〜ブラジルのインストゥルメンタル・ミュージックを代表するアーティストが、2枚の新作アルバムを携え、キャリア45周年を祝う

文●ヂエゴ・ムニス
texto por DIEGO MUNIZ

画像1

© Paulo Rapoport

 ブラジルの音楽産業の囲いから離れた場所で、レア・フレイリはブラジルのインストゥルメンタル・ミュージック界において重要な歴史を刻んでいる。クラシックとポピュラーを行き来し、フルート奏者、編曲家、そして作曲家である彼女は、独自の「語法」生み出し、ジャンルを問わずに活躍するアーティストたちの中心的な人物となった。

 エドゥ・ロボ、ジョイス、テコ・カルドーゾ、モニカ・サウマーゾはこのフルート奏者のファンであると公言する。「レアの作曲は非常に完成度が高く、音楽的構成、クリエーションそしてインプロヴィゼーションは世界のトップレベル。固有のパーソナリティで、ブラジルのリズムの文化的豊かさについて語ることをやめない」とモニカが太鼓判を押す。

 60歳に至った(うち45年は音楽に捧げてきた)このパウリスタ(サンパウロ出身者)は、これまでにアライーヂ・コスタ、エルメート・パスコアル、ネルソン・アイレス、ナナ・カイミなど多くの著名なアーティストと共演してきた。リリースした11枚のアルバム以外に、音楽レーベルのマリタカを創設。そのカタログに含まれる50タイトルに及ぶ作品は、ブラジルのインストミュージックシーンの俯瞰図を描く。良き仲間たちと、ブラジルの音に賭けるその才は、ヴェント・エン・マデイラのキンテートでリリースした新作『Arraial』、そしてピアニスト、アミルトン・ゴドイとリリースした『A Mil Tons』でふたたびその輝きを放つ。

 月刊ラティーナへのインタビューに対し、リリースしたばかりのアルバムについて、ブラジルのインストミュージックの新世代について、そして自身の作曲家、編曲家としての仕事について語ってくれた。

この続きをみるには

この続き: 8,419文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。