見出し画像

[2019.08]ネルソン・ゴンサーレス 〜サルサは死なない、永遠に〜

文●山本幸洋 text by TAKAHIRO YAMAMOTO

 岡本郁生さんの連載〝TÚ SOLO TÚ〟で紹介されていたが、昨18年のエディ・パルミエーリの新録は『Full Circle』『Mi Luz Mayor』の2タイトル。17年7月の来日時点ではビッグ・バンドで新作レコーディングをしているとのことだったが、それが11月に出た『Mi Luz〜』であり、それに先駆けて8月に『Full〜』がでた。『Full〜』は現行メンバーでの主要ライヴ・レパートリーであり、演奏の質の高さといい、代表曲揃いなことといい近年稀に見るNYラテン極上盤なのだが、驚くべきことに、そのマルチ・トラックとディジタル・コンソールがアプリで配信されている。ヴォーカルを含む全17チャネルが自在にミキシングできるので、ジャズの教則盤でいうところのマイナス・ワンはもちろん、何人でも楽器持ち寄りでエディ・バンドに合わせて練習できるという優れものだ。これを見て私は、エディがサルサの未来のため、ミュージシャン志望者に練習の環境をプレゼントしたのだと確信した。そして連想したのが楽器メーカ:ラテン・パーカッション(LP)社が販促のために発売した教則盤、『Understanding Latin Rhythms』シリーズだ。キューバン・パーカッションの伝道師パタート・バルデースとホセ・マングアルの第1集に続く第2集の監修と演奏はネルソン・ゴンサーレス。クアトロ奏者ジョーモ・トーロ亡き後のエディ楽団のトレース奏者である。(2019年4月11日、都内にて。協力:ブルーノート東京)

この続きをみるには

この続き: 3,947文字 / 画像16枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)