[2017.12]ジュサーラ・シルヴェイラ & ヘナート・ブラス〜ガル・コスタ トリビュート作 『フルッタ・ゴゴイア』を語る
見出し画像

[2017.12]ジュサーラ・シルヴェイラ & ヘナート・ブラス〜ガル・コスタ トリビュート作 『フルッタ・ゴゴイア』を語る

文●ヂエゴ・ムニス

 ガル・コスタのような、歴史遺産的な人物の作品を歌うのは容易じゃない。最高の気配りが必要になる。『フルータ・ゴゴイア』のアルバムのリリースライヴの日、ヘナート・ブラスはそう語り始めた。

—— お二人のキャリアにとってガル・コスタはどのような存在でしょう?

ジュサーラ・シルヴェイラ 私は、自分がトロピカリズモの実子であるかのように思っています。幼少期に聴いたその音楽が、そのほかのさまざまな音楽と出会うことへ導いてくれました。8歳のときから、カエターノ・ヴェローゾとジルベルト・ジルを聴いていました。その後、ジョアン・ジルベルト、ドリヴァル・カイミ、ルイス・ゴンザーガなどを聴いて、その頃、ガルの声にとても親しみを感じました。彼女がバイーア出身であることでさらに親しみが湧きました。歌手になろうと決意する前でしたが、ガルの歌唱とポピュラー音楽を俯瞰する彼女のレパートリーに非常に共鳴しました。

ヘナート・ブラス 僕は郊外で育ったのですが、当時郊外で流行ったのはジョルジ・ベン・ジョール、チン・マイア、それから70年代のアメリカ音楽でした。幼少期、青年期のころはまだガルの音楽を知らなくて、その後少し経ってから知りました。一目惚れのように一瞬のうちにその音楽に恋をしました。彼女は、大好きな歌手の一人で、新しいアルバムがリリースされるのをいつも心待ちにしていました。

この続きをみるには

この続き: 3,335文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)