見出し画像

[2018.08]風を奏でる音楽家のダイアリー #13 音楽の世界における女性の存在

文●ジョアナ・ケイロス

 私の音楽人生における青春時代、常に女性も男性も同等に入り混じっていたグループに所属する幸運に恵まれた。一番長く属したイチベレ・オルケストラ・ファミリアも、人数構成はいつも自然とバランスがとれていた。だから、私にとって女性がこの世界で活躍することは「普通」のことだった。ある種の音楽スタイル、また楽器演奏において女性がいないこと、あるいはまたコンポーザーやアレンジャー、プロデューサー、指揮、インプロヴィゼーションなどの分野に女性がいないことはずっとその後になって気がついた。男性優位の文化が根強いブラジルではいつも話題に挙がることだけど、私が生きた青春時代には男性と女性の比率が同等なのが当たり前だったし、当時の私にとってはあまり大きな問題ではなかった。

この続きをみるには

この続き: 1,452文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)