見出し画像

[2020.04]キューバの第一線で活躍するユーコ・フォン

〜それぞれ感じてください。タイコの音が気持ちいいとかなんでもOK!〜

文●山本幸洋 text by TAKAHIRO YAMAMOTO

 超一流ミュージシャンと製作したコンテンポラリー・キューバン『ハバナ、夢の恋人』を1月にリリースしたユーコ・フォン。2000年からキューバで暮らし、プロの舞踊家、歌手として活動している日本人だ。彼女の名前が最初に知られるようになったのは13年リリースのCD『オカン・ヨルバ』、キューバの民族宗教音楽サンテリアというディープなものだった。

(2020年2月10日、都内にて。協力:アオラ・コーポレーション、高橋政資)

◆サンテリア

── 映画『Cu-Bop』のサンテリアの場面、高橋慎一監督によると撮影できないこともあると聞きました。一方でダンス公演やCDやビデオなど商業的なものもありますね。

ユーコ・フォン 儀式と芸術の違いですね。公演では魂入れをしていない楽器を使います。

── ルンバはスペイン語、サンテリアはヨルバ語ですけど、ヨルバ語で暮らしている人はキューバにはいませんよね。

ユーコ・フォン 儀式で司祭が使ったり、歌詞の意味が解る人はいます。奴隷として連れて来られた異なったアフリカ部族の言語と、スペイン語が長い月日をかけて混ざり合いキューバ版ヨルバ語に変化しました。

この続きをみるには

この続き: 1,890文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)