[2018.07]島々百景 #29 対馬
見出し画像

[2018.07]島々百景 #29 対馬

文と写真:宮沢和史

画像1


 『島々百景』の連載を書き始めて久しい。北は北海道の稚内、いや、ロシアのサハリンから、南西諸島や、ブラジルのイタパリカまで個性豊かな島々を巡り、自分の目線、口調で色々と語ってきた。しかし、まだまだ島々の魅力、島々に伝わる素晴らしい歌たちの魅力を伝えきれてはいない。なぜならば、島国として名高い我が日本は、海上保安庁が昭和62年に発表した資料によるとなんと、6852もの島を有するというのだ。ここには無人島と、北海道、本州、四国、九州の本土4島も含まれるが、この数字には驚かされた。この連載が571年間続けられる計算になる、それこそ、百景どころの騒ぎではない。海上保安庁の基準では『島』と呼ぶには「周囲が0.1㎞以上」あって、「本土と切り離されているもの、ただし、橋や防波堤のような細い建造物で結ばれている場合はOK」「埋立地、湖の上の島は認めない」とされている。世界基準で見てみると国連海洋法では「自然にできたものであること」「周囲が水で囲われていること」「高潮時に水没しないこと」とやや大雑把な印象を受ける。さらに、国土地理院では「航空写真に写る陸地を島」と定義しているそうだが、これまたかなり曖昧に思える……。そして、自治体によっても島の規定には違いがあるようなので、どの数字が正しいとは言えないが、それにしても、約6852島とはすごい数字だ。国内の県別で島の数を見ていくと長崎県がぶっちぎりの1位、971島を誇っている。(長崎県の規定では陸地面積が1000㎡以上を島としているそうで、この基準でいくと、594島ということになる)蛇足だが、当然ながら我が愛する故郷、山梨はぶっちぎりの最下位……。

この続きをみるには

この続き: 2,357文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)