見出し画像

[2018.06]ブラジルフィールドワーク #01 サンパウロ LGBTプライドパレード

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO

ブラジルのどんなところが好き?

 そう聞かれたら、答えたい。

 ごちゃまぜの多様性。それから、どこか突き抜けた明るさ、たくましさも。

 そんな愛するブラジルの「らしさ」がいちばん凝縮しているのはこれ、とひそかに思う祭りがある。喜び、そして深い憤りや哀しみすらも明るさの高みに昇華する、多様性を祝う祭典だ。その日がまたそろそろやってくる。


レインボーカラーに染め上がる街

 サンパウロの目抜き通り、パウリスタ通りをレインボーカラーに染め上げる「サンパウロLGBTプライドパレード」。22回目を数える今年は6月3日に開催の予定だ。

 セクシャルマイノリティの祭典であるプライドパレードは世界各地で開かれている。なかでもサンパウロのパレードは参加者数300万人を誇り、2006年には「世界最大のプライドパレード」としてギネスブックにも登録された。

 かねてから行きたいと思い続けていたパレードに昨年はじめて参加することができた。その様子を報告したい。

画像3

パウリスタ通りを端から端まで埋め尽くして歌い踊る人の流れが、途切れることなく何時間も続いていた。


 全長2・7キロ。真っすぐに伸びるパウリスタ通りは、朝早くからたくさんの人が集まっていた。色とりどりの飾りを身につけた人。仮装をした人。豪華に着飾ったドラァグクイーンと一緒に記念撮影する人も。まだそんなに混まないうちは、子どもと一緒の家族連れの姿も多く見られた。以前、ゲイの友人が語ってくれた話を思い出した。

 ある年のパレードで、なぜ参加したのかを知りたくて、小さな男の子を抱いたカップルに声をかけてみたのだという。

「こう答えてくれたんだ。将来、自分たちの息子がゲイであれヘテロであれ、我が子を理解して受け入れることのできる親になりたいし、他者を差別しない人に育ってほしいから、って」。

この続きをみるには

この続き: 1,681文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)