見出し画像

[2018.11]マリ・カルクン エストニアの伝統楽器と表情豊かな歌で 南エストニアの自然と伝統の素晴らしさを伝える

文●おおしまゆたか text by YUTAKA OSHIMA

 エストニアは古くて新しい。国としては1918年にできた、というので今年100周年。御祝に世界各地でイベントを展開している。今回の「エストニア音楽祭」もその一環。優れたデザイナーもたくさんいるそうで、テキスタイルとジュエリーのデザイナーが三人、いずれも女性がライヴに先立って紹介され、作品が会場で即売されていた。一方、土着楽器の代表カネレ(kannel)は二千年の歴史がある由。これはフィンランドのカンテレと同じツィター属だ。

 マリ・カルクンは二つのタイプのカネレを使う。小さい方はギターのように身体の前に肩から吊るす。ストロークもピッキングもできる。ハーモニクスも簡単に出せる。弦は上からも脇からも押えられる。大きい方は膝の上に置いて、カンテレのように爪弾く。音域も広く、響きも深い。

「始めたのは19歳の時からです。かなり遅いですね。はじめは独学。後で、タリンのアカデミーやシベリウス・アカデミーでは何人かの先生に習いました。そう難しい楽器ではないので、伝統音楽では広く使われています。子どもたちに伝統音楽を教えるためにとか。でも、プロのミュージシャンではほとんど使われてません。私は例外です」

この続きをみるには

この続き: 3,238文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年11月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年11月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2018年11月号
ラティーナ|2018年11月号
  • 45本
  • ¥950

ラティーナ2018年11月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。