見出し画像

[2012.10]【連載 TÚ SOLO TÚ #152】オルケスタ・デ・ラ・ルスのNORA出演 クラサオ・ノース・シー・ジャズ・フェスティバル

文●岡本郁生

 オルケスタ・デ・ラ・ルスのNORAが8月末、〈クラサオ・ノース・シー・ジャズ・フェスティバル〉に出演。セルヒオ・ジョージのオール・スターズをバックに歌って来たという。クラサオでジャズフェス? しかもセルヒオ・ジョージ?…… というわけでさっそくご当人に話を聞いた。

画像1

写真:右=NORA、中大=サルサ・カリエンテ・デル・ハポンのステージ 中上小=オスカル・デ・レオンと 中中小=ルイス・エンリケと 中下小=チャーリー・サーと 左上小=ホセ・アルベルトと 左中小=ティト・ニエベスと 左下大=セルヒオ・ジョージと


 まずはちょっとお勉強。

 クラサオは、カリブ海、ベネズエラのすぐ北側に位置する島(英語ではキュラソー)。長らくオランダ領で1954年以来オランダ領アンティルに組み込まれていたが、2010年にそれが解体。現在は、オランダ(本国)、アルバ、シント・マールテンとともにオランダ王国を構成する国、ということになっているらしい。リキュールのキュラソーは、この島のオレンジの皮を使ったことからその名がついたものだそうだ。

 そしてノース・シー・ジャズ・フェスティバルといえば、ジャズ・ファンにはおなじみ、オランダで1976年から続く有名なジャズフェスである。クラサオで開催されるようになったのは2010年から。今年が3回目となるが、8月31日は、ディジー・ガレスピー・オール・スター・ビッグ・バンド(リーダー:パキート・デリベラ)、ジル・スコット、ルベン・ブラデス、アラン・トゥーサン、サンタナほか、翌9月1日は、マーカス・ミラー、ジョシュア・レッドマン、アリシア・キーズ、ランディ・クロフォード、マナ、インディア・アリーといった、ジャンルを超えた豪華なラインナップである。

—— クラサオは初めてじゃないですよね?

 3回目か4回目ですね。前回はデラルスで、20年ぐらい前ですか? 毎回、ライブも盛り上がるしトラブルもなく、オフのときは遊びまくりっていう経験しかなくて。今回もすべてが素晴らしかった。いい島です。英語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、パピアメント語(スペイン語・ポルトガル語・オランダ語が混じり合ったクレオール言語)という4ヶ国語をみんなしゃべるんですよ。精油所があって豊かで、朗らかなんです。ラテンがホントに好きだし、詳しい。私、20年ぶりに行ったのに、ホテルで会ったおにいさんに♪Salsa no tiene frontera~って歌われたのでビックリしちゃいました! 音楽がすごく好きで、ミュージシャンに対してリスペクトがある。反応がいいんですよね。


この続きをみるには

この続き: 2,437文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。