見出し画像

[2018.06]ジョアナ・ケイロスが、カルロス・アギーレ、セバスティアン・マッキとアルゼンチンのパラナーで共演

文と写真●宇戸裕紀 texto y fotos por HIRONORI UTO

 ジョアナ・ケイロスとカルロス・アギーレ、セバスティアン・マッキがアルゼンチンのパラナーで共演──。このことばの並びを見るだけで胸が高鳴る方も多いことだろう。筆者もその1人で、この魔術的な時間を体感したいという想いに突き動かされてブエノスアイレスから往復1000キロの道のりを日帰りで旅してきたので、その印象を記しておく。

画像5

 今回のジョアナのアルゼンチン・パラナーでの約4週間の滞在はアーティスト・イン・レジデンスによって実現した。プログラムには毎週末のライヴに加えて、プロ・アマ問わずパラナー在住の全ての楽器奏者が参加できるワークショップがあり、ジョアナと週1回、朝9時から4時間×3回のセッションで1曲を作曲し、最終日のライヴで曲を披露するというものだった。趣旨は少し異なるが、ミナスジェライス州のスタジオで同じようなプログラム下で最新アルバムのソロ作『Diários de Vento』が生まれた経験の延長線上としても位置付けられるだろう。

この続きをみるには

この続き: 1,782文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2018年6月号
ラティーナ|2018年6月号
  • 32本
  • ¥950

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。