e-magazine LATINA
[2020.08]創刊記念特別インタビュー:ジルベルト・ジル|「信じて進む(Andar com fé)」音楽家たち─ブラジルの歌う知性は、パンデミックで何を感じ、どう生きているか?
見出し画像

[2020.08]創刊記念特別インタビュー:ジルベルト・ジル|「信じて進む(Andar com fé)」音楽家たち─ブラジルの歌う知性は、パンデミックで何を感じ、どう生きているか?

e-magazine LATINA

画像2

インタビュー・文●高橋直子

※このインタビューは7月初旬に行われました。

── パンデミック中は、アーティスト活動としては、何をしていますか?

ジルベルト・ジル
 パンデミック初期、私は何もしませんでした。ほぼ何も。ウィルスの感染を防ぐために、衛生的な提言に従い、家にいました(ステイホームしていました)。その後、その後2ヶ月立ってから私は動き始めました。ライブ(オンラインコンサート)を行ったり、フランスのテレビ局の撮影をおこなったり、ブラジルの新鋭歌手であるイザ(IZA)とのオンラインライブも行いました。6月26日には北東部の音楽(だけ)を歌ったのライブを行いました。(6月祭りの時期)そんなことをしました。それ以外はいつも家にいて、本を読んだり演奏したり、音楽を聞いたり、テレビを見たり、そんなことをしています。

── 「Andar com fé」の動画を見ました。あれは最近収録したものなんですか?

ジルベルト・ジル はい、そうです。再レコーディングをしたわけですが、動画を華やかにするため、私の多くの音楽仲間を招待しました。このバージョン、新しい「Andar com fé」のバージョンに多くの仲間が参加してくれました。

── この動画収録に当たってどんな思いがありましたか? 歌詞もメッセージ性があるし多くの人が一緒に歌っていて力強い動画ですが。このパンデミック中の特別な思いは?

ジルベルト・ジル 寛大な心で参加してくれた、私の作品をオマージュしてくれようと参加してくれた多くの仲間たちの気持ちを、とても嬉しく思い、満足しています。それそれは満たされた気持ちになり、非常に感動しました。

この続きをみるには

この続き: 2,761文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)