[2019.12]ジョアンの音サウンドの秘密
見出し画像

[2019.12]ジョアンの音サウンドの秘密

文●中村善郎 text by YOSHIRO NAKAMURA

 今年7月6日ボサノヴァの父と呼ばれたジョアン・ジルベルトが亡くなった。2006年の東京公演の模様を収録した映画『ライヴ・イン・トーキョー』の劇場公開とBlu-ray のリリース、スイス人監督によるドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』の公開などもあり、メディアの中でその名を目にする機会が増えた中での訃報だった。彼の登場がなければその後ボサノヴァが世界のスタンダードとして定着する事はなかったかも知れない。1958年の「Chega de saudade」のヒット。それは世界の音楽シーンの流れを変えるほどのインパクトを与えた。それをきっかけにそのスタイルを踏襲した音楽が星の数ほど作られることになるのだが。

画像1

photo by Francisco Pereira, In the 1950s

この続きをみるには

この続き: 1,618文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)