見出し画像

[2017.06]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #12(最終回) だからタンゴってやつは

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU

 先月号の本コラムについて本誌スタッフの坂本 悠さんから「なぜタンゴは思うように広まらないのか、ちょうど思案していたので面白く読めた」という感想をもらった。なので最終回は僕から悠さんへの公開書簡として、彼女の疑問に率直に答えてみたい。タンゴに関わって頑張る三十路を迎えたばかりの奇特な(?)女性への、僕からのサジェスチョンのつもりだが、反論をお持ちの方は、彼女にではなく僕に直接云ってください。

 そう。「なぜ」上手くいかないのか。この部分について本気で悩む習慣それ自体が昔からこの世界にはないのだ。例えば日本の場合、悠さんが生まれたバブル経済の末期。現在と比較すればまあまあタンゴの仕事のチャンスに恵まれていた人たちには、「自分たちはヨソの世界からどう見られているのかな?」と、思案しようという発想がなかった。この曲と、その曲と、あの曲さえ演奏すれば仕事になる、という「タンゴの様式美」さえ守れば少々いい加減なことをしても怒られない。良い演奏をするためにリハーサルを増やす? 新人バンドネオン奏者を育てる? そんなことをしたら経費がかかるじゃないか。既存の奏者たちが困るじゃないか。狭い世界を広くしようとすることは、音楽家や業界人にとっては新たに厳しい修練や矜持が求められることでもある。他ジャンルと比較されることもなく、しかし確実に一定数の仕事にありつける閉ざされた世界はむしろ快適だったのだ。優秀で貪欲な人々が渦巻いている他ジャンルの現実など眩しくて、視界に入れたくなかったのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,901文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。