[2022.1]2021年ブラジルディスク大賞 関係者投票③
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2022.1]2021年ブラジルディスク大賞 関係者投票③

e-magazine LATINA

※関係者投票の内容を五十音順でご紹介します。
(カタカナ表記のものは国内盤として発売されています)

●堀内隆志

カフェのオーナーで選曲家
カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのマスター兼ロースター。カフェ業の傍ら、ブラジル音楽のCDやラジオ番組の選曲。

コロナ禍で世界的に混乱が続く中、大物勢から若手まで力作が多い一年だった。特に1はドナート87歳、マカレー78歳という超ベテラン同士の奇跡の共演作で内容も安定した素晴らしい内容だった。4の人気若手アコースティックグループによるジャヴァン集は改めて楽曲の良さを再認識。そして7は渋谷系から影響を受けて制作された作品で、木村花さんへのオマージュソングも収録されている。作品制作の環境が激変しても良質な音楽を届けてくれるアーティストに感謝。

1. João Donato & Jards Macalé / Síntese Do Lance

画像1

2. Mallu Magalhães / Esperança

画像2

3. マリーザ・モンチ / ポルタス

画像3

4. Melim / Deixa Vir do Coração

画像4

5. Gal Costa / Nenhuma Dor

画像5

6. Anavitória / Cor 

画像6

7. Banda Tereza / Animes, Kylie Jenner, Glocks & Remédios

画像7

8. Tuyo / Chegamos Sozinhos em Casa

画像8

9. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像9

10. Jonathan Ferr / Cura

画像10


●MAKO

リオ在住20年の歌手、パーカッショニスト
プロフィール文:パーカッショニストとしてムリェーレス・ド・シコ、ピアノオーケストラで、歌手として「幾つかの色」「オアシス」のCDを発表し、ブラジルを拠点に活動中。
https://www.youtube.com/c/makobrasil

10年ぶりに発表したマリーザ・モンチの待望の新作『ポルタス』は、ジャケットも全てがとにかくカッコ良すぎる!⑴。約9年ぶりとなる新作『メウ・ココ』を発表したベテラン、カエターノ・ヴェローゾのセンスには頭が下がる⑵。エミシーダのセンセーショナルな作品『アマレーロ』は、ライブ版ならの熱い一枚⑶。パンデミック収束に希望を訴えた作品、ペドロ・ミランダの『ダ・ガーヴェア・パラ・オ・ムンド』に涙が溢れる⑷。

1. マリーザ・モンチ / ポルタス

画像11

2. Caetano Veloso / Meu Coco

画像12

3. Emicida / AmarElo(Ao Vivo)

画像13

4. Pedro Miranda / Da Gávea para o Mundo

画像14

5. V.A. / Aldir Blanc Inédito

画像15

6. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像16

7. Ney Matogrosso / Ney 80 anos

画像17

8. Mart'nália / Sou Assim Até Mudar

画像18

9. ヴァネッサ・モレーノ / センチード

画像19

10. Majur / Ojunifé

画像20


●松澤正宏

会社員
西荻窪アパレシーダ「サンギ・ボン!!」などで選曲、Spotify プレイリストも毎月更新中。
https://open.spotify.com/playlist/0ePERE3DGjCpR99dRO3nNg?si=5EgHu6NOTOq_uZ8byNcYAg

去年のマイ1位、エミシーダのドキュメンタリーとライブ④が自宅のテレビで観られ、ベルキオールの凱歌が鳴り響く中、共演したマジュール⑩、そしてレペゼン北東部①で驀進するパブロ・ヴィタールの降臨シーンは何度観ても胸熱!鉄板の軽やかさ②⑨、静謐さに肉体性を獲得した③、アフロ・ブラジル音楽は新型コロナで急逝した導師レチエレス・レイチ関連③⑥⑦に加え⑤⑩。本国ではいよいよCDが出なくなったが、半数が日本盤に。

1. Pabllo Vittar / Batidão Tropical

画像21

2. シルヴァ / シンコ

画像22

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008361462

3. ゼ・マノエウ / 裸の心から

画像23

4. Emicida / AmarElo(Ao Vivo)

画像24

5. オルケストラ・アフロシンフォニカ / オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス

画像25

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008265353

6. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像26

7. Caetano Veloso / Meu Coco

画像27

8. ヨウン / Bxd in Jazz

画像28

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008371528

9. Mallu Magalhães / Esperança

画像29

10. Majur / Ojunifé

画像30


●村田 匠

音楽家/ラジオパーソナリティ(鎌倉FM)/カンタス村田
プロフィール:「カルナバケーション」のボーカル/ギター/パーカッション/作詞作曲担当。6月に新作『素敵な未来予報』をリリース♪ NHK『おかあさんといっしょ』「かおたいそう」ほか。世界の国歌をうたう「Scrum Unison」では各国の文化を研究中。

ブラジルでも欧米ポップスのノリで聴けるサウンドが俄然増えてきた。海外マーケットを意識したと言えば聞こえは良いが、そんな波にも負けず (?) ルーツな音像を丁寧に織り込んだ作品たちは愛おしい。しかし、自分で選んだとは言え、10枚の中にこんなに老いも若きも出てくるとはまさに2億人総活躍ブラジル音楽社会(ほんまかいな)ならでは!
世代を超えるコラボは、先人へのリスペクトから来るのだろう。この国には制作面でも見習うべき部分が沢山ある。

1. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像31

2. Caetano Veloso / Meu Coco

画像32

3. マリーザ・モンチ / ポルタス

画像33

4. シルヴァ / シンコ

画像34

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008361462

5. João Donato & Jards Macalé / Síntese Do Lance

画像35

6. Mallu Magalhães / Esperança

画像36

7. Anavitória / Cor 

画像37

8. Chico Chico / Pomares

画像38

8. オルケストラ・アフロシンフォニカ / オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス

画像53

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008265353

10. V.A. / Rios de Janeiro (Projeto da Lei Aldir Blanc produzido por Yug Werneck & Fil Buc)

画像40


●村上達郎

作曲家・ギタリスト 
プロフィール文:サンパウロ州立タトゥイ音楽院ショーロ科卒。7弦ギタリストとしてだけでなく、サントラ制作やアンビエント作家としても活躍中。

一番に選んだのは、個人的に今年の顔だったMarina Sena。一皮向けたLinikerの②は名盤、③のギターはただただ美しく天才的。⑥のDuda Beatは、前作を更に超える圧倒的女帝感で貫禄が出てきて、⑤を始めとするラッパー系の良作も多かった。徐々にライブなどミュージシャンたちの活動も通常通りに戻りつつあるブラジル。コロナ禍で蓄積されたアイデアや作品が徐々に公になり始めた感じがした。

1. Marina Sena / De Primeira

画像41

2. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像42

3. Fabiano do Nascimento / Ykytu 

画像43

4. アマーロ・フレイタス / サンコファ

画像44

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008308493

5. Nill / BLU

画像45

6. Duda Beat / Te Amo Lá Fora

画像46

7. Juçara Marçal / Delta Estácio Blues

画像47

8. Guinga / Zaboio

画像48

9. Tuyo / Chegamos Sozinhos em Casa

画像49

10. Roberta Sá / Sambas & Bossas 

画像50


●渡辺 亨

音楽評論家/選曲家。著書に『プリファブ・スプラウトの音楽』など。NHK-FM『世界の快適音楽セレクション』の選曲と出演。監修した『女性シンガー・ソングライターの系譜』が5月に出版されました。南米勢も紹介しています。

僕が以前から推していた才人で、カエターノの『Meu Coco』のキーマンであるチアゴ・アムーヂの『São』は2021年11月発売なので、今回は選べなかった。他にもダヴィ・モラエスによる父モラエス・モレイラへのオマージュEPを含め、選外には佳作が目白押し。しかもカエターノとマリーザが揃って新作を発表したので、近年稀に見る豊作の年だったと感じている。ただ、どうしても好きな作品ほどフィジカルで持っておきたい。

1. Caetano Veloso / Meu Coco

画像51

2. マリーザ・モンチ / ポルタス

画像52

3. オルケストラ・アフロシンフォニカ / オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス

画像53

4. アントニオ・ネヴィス / ア・ペガーダ・アゴーラ・エ・エッサ

画像54

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008222823

5. シルヴァ / シンコ

画像55

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008361462

6. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像56

7. Adriana Calcanhotto / Margem, finda a viagem (Ao Vivo)

画像57

8. Domenico Lancellotti / Raio

画像58

9. ヴァネッサ・モレーノ / センチード

画像59

10. Rodrigo Amarante / Drama

画像60

(ラティーナ2022年1月)


この続きをみるには

この続き: 0文字
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)