見出し画像

[2021.05]岡村 淳【特集 私の好きなブラジル映画】

選・文●岡村 淳

 本エントリーは、5/26(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから

 ブラジル国内で公開される国産映画の数は、パンデミック前年の2019年で327本。南米最大の都市サンパウロで暮らしていても、その大半の公開も存在も知り得ない状況だ。ブラジル映画の特徴として、サンパウロやリオのような巨大都市に限らず、各地に大都市に勝るとも劣らぬ製作陣が揃っていることがある。地元の州政府や銀行のサポートを得て、仕上げは欧米で行なう作品も少なくない。残念ながらそうした映画は著名な映画祭での受賞などがなければ、なかなかアクセスの機会もないのだが。近年、思わぬ形で地方産の映画を享受する機会を得ている。僕はパンデミック以前は格安のエチオピア航空で訪日を繰り返していた。機内映画で常時、数本のブラジル映画が鑑賞可能だ。リオグランジドスル州のMST:土地なき農民運動に関わる青年と町の少女の恋愛もの、パラ州のシングルマザーのロードムービーなど忘れられない傑作にアフリカ上空で出会っている。

この続きをみるには

この続き: 1,684文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)