見出し画像

[2017.12]アゴスティーナ&アクセル─タンゴダンス世界選手権ステージ部門で頂点に立ったダンスカップル

文●坂本 悠

2017年8月23日、ブエノスアイレスで行われたタンゴダンス世界選手権ステージ部門の頂点に立った日系3世のアクセル・アラカキとアゴスティーナ・タルチニ。ペアを組んでわずか10ヶ月での優勝だった。来年早々から始まる民音タンゴシリーズ〈49〉「ファビオ・ハーゲル・セステート」の全国公演に出演が決定している若きダンスカップルに話を聞いてみた。


タンゴとの出会い

アクセル 僕はアルゼンチン人の母と日系二世の父親のもと、日本で生まれました。田舎町で他の子達と同様に走り回って育ち、小学生の頃は野球少年でした。下手でしたが……(笑)。中学ではブレイクダンスやヒップホップを踊っていました。 母がタンゴダンサーなので小さい頃から間近でよく見ていましたが、興味を持ち始めたのは高校生になってからですね。はじめて踊ってみたとき、ひとりで踊るストリートダンスとは違って二人で踊り、僕のリードによって相手が踊ることにとても興味深いと感じたんです。あと、タンゴはリードの合間に足技を色々と入れていくのも魅力的ですよね。高校を卒業してからタンゴダンスの講師として本格的に活動をはじめ、ショーなどにも出るようになりました。

アゴスティーナ 私はアルゼンチンの北部に位置するサンティアゴ・デル・エステロ州にある小さな町で生まれました。友達に囲まれてたくさん踊りながら幸せに過ごしましたが、家族にタンゴダンサーはいなく、祖母がミロンガなどで踊るくらいであまりタンゴとの接点はありませんでした。15歳の時、カルロス・ガビートの踊る映像を見てタンゴに惚れ込み、フォルクローレのダンススクールで習い始めました。私の生まれ育った町はタンゴが盛んではないので習う環境には苦労しましたね。17歳からブエノスアイレスに出てからようやく本格的にタンゴに取り組めるようになりましたが長い道のりでした。

画像4

この続きをみるには

この続き: 2,028文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年12月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年12月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。