ブラジル・ディスク大賞 アルバム・リスト②
見出し画像

ブラジル・ディスク大賞 アルバム・リスト②

 ブラジル・ディスク大賞投票フォームに記載されている参考アルバム・リストの音源をまとめました。こちらから聴けるようになっています。今年話題になった作品を総括できる音源にもなっていますので、是非、投票の参考にご活用下さい。掲載順は、投票フォームの掲載順となります。
 投票フォームには、アーティスト名の五十音順で、約120タイトルが紹介されており、①〜⑤に分けました。本記事②では、エミシーダからジョルジ・ドゥ・ペイシまで紹介しています。
 投票の締切は12月12日(日)です!

●エミシーダ(Emicida)
『アマレーロ(アオ・ヴィヴォ)(AmarElo(Ao Vivo))』

●オス・バロンイス・ダ・ピザヂーニャ(Os Barões da Pisadinha)
『ダ・ボッサ・プラ・シダーヂ(アオ・ヴィヴォ)(Da Roça Pra Cidade(Ao Vivo))』

●オルケストラ・アフロシンフォニカ(Orquestra Afrosinfônica)
『オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス(Orin, a Lingua dos Anjos)』

●オルヂナリウス(Ordinarius)
『ボッサ20(Bossa 20)』

●カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)
『メウ・ココ(Meu Coco)』

●カスカブーリョ(Cascabulho)
『フォゴ・ナ・ペリ(Fogo na Pele)』

●ガビ・アマラントス(Gaby Amarantos)
『プラケー(Purakê)』

●ガブリエル・ブルース(GABRIEL BRUCE)
『アフルイール(Afluir)』

●ガル・コスタ(Gal Costa)
『ネニューマ・ドール(Nenhuma Dor)』

●カルリーニョス・ブラウン(Carlinhos Brown)
『ウンバリスタ・ヴェラォン(アオ・ヴィヴォ)(Umbalista Verão(Ao Vivo)』

●ギンガ(Guinga)
『ザボイオ(ZABOIO)』

●グスタヴィート(Gustavito)
『アオー(Ahô)』

●グスタヴォ・リマ(Gusttavo Lima)
『オ・エンバイシャドール ファランド・ヂ・アモール VOL,2(O Embaixador Falando de Amor, vol.2)』

●グラヴェオーラ(Graveola)
『イン・サイレンス(In Silence)』

●笹子重治
『プラタフォルマ(PLATAFORMA)』

●ジェシー・ハリス&ヴィニシウス・カントゥアリア(Jesse Harris & Vinicius Cantuaria)
『スルプレーザ(Surpresa)』

●ジェニフェル・ソウザ(Jennifer Souza)
『パシフィカ・ペドラ・ブランカ(Pacifica Pedra Branca)』

●シコ・セーザル(Chico César)
『オ・アモール・エ・ウン・アト・ヘヴォルシオナリオ(O Amor É Um Revolucionário)』

●ジュサーラ・マルサル(Juçara Marçal)
『デルタ・エスターシオ・ブルース(Delta Estácio Blues)』

●ジュリエッチ(Juliette)
『ジュリエッチ
(Juliette)

●ジョアン・セルヴァ(João Selva)
『ナヴェガール(Navegar)』

●ジョナサン・フェール(Jonathan Ferr)
『クーラ(Cura)』

●ジョルジ&マテウス(Jorge & Mateus)
『トゥド・エン・パス(Tudo Em Paz)』

●ジョルジ・ヴェルシーロ(Jorge Vercillo)
『ルアール・ヂ・ソル(アオ・ヴィヴォ・ノ・セアラー)(Luar de Sol(Ao Vivo No Ceará)』

●ジョルジ・ドゥ・ペイシ(Jorge Du Peixe)
『バイアォン・グランフィーノ インテルプレタ・ルイス・ゴンザーガ(Baião Granfino Interpreta Luiz Gonzaga)』




#ブラジル
#ブラジル音楽
#emagazineLATINA
#ラティーナ
#ブラジルディスク大賞
#ブラジル・ディスク大賞
#2021年ブラジル・ディスク大賞

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)