見出し画像

[2019.03]ブラジルフィールドワーク #10 先住民族に寄り添う人、 アンジェラ・パピアーニ

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO

 アンジェラ・パピアーニ。先住民族の伝統文化保持の活動を40年に渡って続けてきた人。現在は「Ikore」という団体を立ち上げて、民族の伝説や歴史を村人から聞き取り、それを民族言語とポルトガル語で本や音声記録にまとめるという活動に主に取り組んでいる。

 2008年の「東京の夏・音楽祭」でアンジェラのコーディネートによりカラジャ民族が伝統儀式の唄と踊りを披露した際には、私も少しお手伝いをした。彼女は先住民族の伝統文化を深く理解し尊重している人で、その謙虚で温かな人柄を私はとても敬愛している。

画像3

アンジェラ・パピアーニと彼女が代表を務める「Ikore」が生み出してきた作品の一部。本は先住民族の村の学校で教材としても利用されている。   Ikore http://ikore.com.br

この続きをみるには

この続き: 2,671文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)