[2018.05]特集:中南米を旅する 打楽器の街 (佐藤仙人文弘)
見出し画像

[2018.05]特集:中南米を旅する 打楽器の街 (佐藤仙人文弘)

佐藤仙人文弘 SATO SENNIN FUMIHIRO 音大を辞め、中南米とヨーロッパを音楽修行の為回る。スペインにてDGカホン社長の目に止まりエンドースプロとしての活動をスタートする。現在LA SEÑAS代表として国内外で活動している。 http://lasenas.com

 初めてアルゼンチンに訪れたのは2013年7月。街には常にどこかからデモやサッカーの応援、ボイコットなどで太鼓の音が聞こえてくる。その音で私の心は踊り始めた。早速街に繰り出しジャムセッションをやっているお店に入った。quintino cinalli(キンティーノ・シナーリ)主催のセッションだったようで、参加しているドラマーのレベルの高さに驚いた。

画像1

この続きをみるには

この続き: 1,142文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)