[2018.10]特集:音楽とラジオとエッセイと 〜フロリディータで会おう

文●柳原孝敦

 2017年3月に一週間ほどハバナに滞在したときに気になることがあった。五分おきに、というと大げさだが、それだけ頻繁に「チャン・チャン」が耳に入ってきたことだ。言わずとしれた世界的大ヒットアルバム『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』冒頭の一曲だ。旧市街のレストランや酒場などにいると、こっちの店にもあっちの店にも流しの楽団がやってきて演奏を始める。楽団によってレパートリーの違いはあるが、決まって一度は「チャン・チャン」を演奏するのだ。こっちの店に楽団がいなくなると、あっちの店にいた一味がやってきて演奏を始め、そしてまた一度は「チャン・チャン」をやる。それ以前で最後にハバナを訪れたのは2003年だった。だいぶ前ではあるが、それでも既にアルバム版も映画版も『ブエナ・ビスタ』は知られていた。けれどもその当時はここまでの「チャン・チャン」ブームはなかったように記憶する。あくまでも個人的な記憶と印象だけれども、やはり米国との国交回復による観光促進の力は強いのだろうかと思った。「チャン・チャン」は嫌いな曲ではないが、こう頻繁にやられるといささか辟易したものだ。

この続きをみるには

この続き: 1,622文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)