[2021.09]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑭】 カナク、カルドッシュ、日系人 ―複雑な感情渦巻く「メラネシアのフランス」の先住民の踊りと音楽―
見出し画像

[2021.09]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑭】 カナク、カルドッシュ、日系人 ―複雑な感情渦巻く「メラネシアのフランス」の先住民の踊りと音楽―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 皆さんにとって、「天国にいちばん近い島」は、どこでしょうか? 思えば、私がハワイ以外の太平洋の島を最初に認識したのは、森村桂さん(1940-2003)の同著でした!中学生の時、友人に勧められて読んだのです。1964年、森村さんが一人旅に出た先は、ニューカレドニア。1853年フランスの植民地となり、現在もフランスの特別共同体です。ニューカレドニアという地名が「天国にいちばん近い島」と共に日本中に広まったのは、皆にとって海外旅行が夢だった時代でした…。

 今なら、直行便で8時間40分。日本からのアクセスはよく、時差も2時間だけ。フランスっぽい町並みとフレンチ・レストラン、南国のリゾートが味わえるとあってウェディングや新婚旅行でも人気で、ニューカレドニア観光局も「自分ならではの『天国』を見つけられる場所」とアピールしています。

 私がニューカレドニアのヌメアの町を訪れたのは、2000年。太平洋芸術祭が目的だったので、それ以外の記憶が乏しいのが残念です。ヌメアに1947年以来設置されている南太平洋委員会(SPCのち太平洋共同体 Pacific Community)の本部には、太平洋芸術会議 The Council of Pacific Arts の事務局も置かれています。SPC は、1963年の第1回太平洋芸術祭(開催地:フィジー共和国スヴァ)を牽引し、以後も開催の中心的役割を担ってきました。そのお膝元なのに、私が2000年10月23日ヌメアの空港に到着した時には、他の島で見られる「太平洋芸術祭歓迎モード」(2021年7月号)が感じられず、カナクらしい人たちも見当たりませんでした。

 カナクとは、ニューカレドニアの先住民の総称。先住民は30前後と言われる言語集団からなり、カナクという単一の民族集団は存在しません。先住民は、かつてカレドニアンと呼ばれたこともありましたが、1980年代半ば頃、カナク独立派と反独立派による武装闘争が起こってから、カナクという呼称が定着しました。

この続きをみるには

この続き: 3,109文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年9月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)