見出し画像

[2020.04]ブラジルポピュラー音楽にヴァイオリンの居場所を開拓した 踊るヴァイオリニスト、ヒカルド・ヘルツ

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO

 マルチ・プレイヤーでソングライティングでも注目されるアントニオ・ロウレイロや超絶技巧ギタリストのヤマンドゥ・コスタ、ブラジルインスト音楽界の最重要グループの一つであるパウ・ブラジルでの活動で知られるピアノのマエストロ、ネルソン・アイレスなど目を引くデュオ作品の数々をリリースし、ブラジルポピュラー音楽におけるヴァイオリンの存在を新たに確立したと言われる奏者、ヒカルド・ヘルツ。サンパウロのノヴォス・コンポジトーレス周辺のアーティストとの親交も深かったり、ミナスの新世代ともつながっておりアレシャンドリ・アンドレスの近年のリーダー作『Macieiras』(2018)などにもゲストとして参加していたりする。ジャンルを超えて活躍する。

 身体をうねらせ、くりんくりんの長い髪の毛を振り乱しながら、飛び跳ねて演奏する踊るヴァイオリニストには、ヴァイオリンの概念を覆される。彼の音楽は祝祭的で、パフォーマンスは演劇的、音楽がもたらす喜びを最大に表現し、聴く(見る)者にもそれを感じさせてくれる。2019年末にリリースした、ハバナの女性弦楽団カマラータ・ロメウと共演した最新作のMVでの飛び跳ねっぷりに釘付けになってしまい、年越しはそれを聴きながら、我が家の大掃除に励むことができた。

 いつか生演奏が見たいなぁと思っていたタイミングで初来日の情報が舞い込んできたのだった。それも、招聘をしたのは日本最大級のブラジル人集住地域のひとつである群馬県大泉町を拠点とし、主に移民の子どもたちを対象とした音楽教育活動を行う〝Música Sem Fronteiras(日伯芸術音楽協会)〟 という、コミュニティのなかからこんなセンスの良いブッキングをする人がいたなんて! という嬉しいサプライズ付きだった(団体については、別枠)。

 ヒカルド・ヘルツの来歴についてまとめておきたい。1978年生、サンパウロ出身。2歳の頃から習い事で音楽教室に通い、音楽の虜になった。8歳のときにはサンパウロ交響楽団の公演でソロ演奏を行った少年に憧れて、「彼が習っている先生に僕も習いたい!」とたどり着いたのは、日本からの移民であるヴァイオリン奏者のフクダ・ヨシタメ、エリザ親子。大学入学に至るまで、手ほどきを受けた。

この続きをみるには

この続き: 3,218文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ 2020年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。