[2017.05]ジェーン「私の幸運は、ノブ」〜ジェーン・バーキン&中島ノブユキ インタビュー
見出し画像

[2017.05]ジェーン「私の幸運は、ノブ」〜ジェーン・バーキン&中島ノブユキ インタビュー

中島ノブユキのオーケストラ・アレンジをバックに ジェーン・バーキンがセルジュ・ゲンズブールを歌う 『シンフォニック・バーキン&ケンズブール』

文●松山晋也

 ジェーン・バーキンが、オーケストラをバックにセルジュ・ゲンズブール(以下SG)の作品だけを歌ったアルバム『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』を発表した。09年の『ライヴ・アット・パラス』から8年ぶりであり、スタジオ録音アルバムとしては08年の『冬の子供たち(Enfants d'hiver)』から9年ぶり。SG作品だけで構成された作品としては、02年の『アラベスク』以来なんと15年ぶりということになる。3月に発売された(日本は4月末)欧米諸国のメディアでは、既にかなりの高評価を受けており、ジェーン自身もまた「『アラベスク』と並ぶ私の代表作になった」と自賛しているが、実際私もそう思う。素晴らしい作品なのだ。

 そして、この傑作の最大の貢献者は、なんといってもすべてのオーケストラ・アレンジを担当した中島ノブユキだろう。SGの楽曲そのものの魅力を新たな角度から抉り出した中島のオーケストレイションがあったからこそ、ジェーンも、長年歌い続けてきたSG作品との距離感を更新し、より冷静かつ客観的なスタンスで歌えたのではないか。ジェーンはSGが91年に亡くなった後も、アルバムやライヴでずっとSG作品を歌ってきたが、その表現にはどこかしら、SGにすがりついて涙する少女といった趣が感じられた。もちろん、それもまたジェーンだけに許された特権的表現であり、けっしては良し悪しの問題ではない。が、今回の新作によって、一人の歌手としてのジェーン・バーキンが大きく成長し、また、SG作品が更に輝きを増したのは間違いない事実だと思う。

 というわけで、先日ジェーンと中島に別々におこなったインタヴューでの発言を交錯させながら、この素晴らしい新作について説明したい。

ジャケXXX

この続きをみるには

この続き: 3,857文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)