見出し画像

[2022.2]【連載 シコ・ブアルキの作品との出会い⑱】愛着を込め描くリオのストリートチルドレン —《Pivete》

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura 

中村氏の二つの好評連載「シコ・ブアルキの作品との出会い」と「ジョビンの作品との出会い」を毎週交互、あるいは2週単位で交互にアップしています。回を増すごとに、濃い内容になっています。今回はシコの実に深〜い作品です。お楽しみください。(編集部)

※こちらの記事は、2/9(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 美しい風景が、随所に広がるリオ。しかし、治安が極めて優れた日本に住み慣れた者が、この街でうっかり風景に見惚れていると、ひったくりなどに遭う危険を相当伴う……というのも厳しい事実です。
 例えば、有名なコパカバーナ海岸。タクシーを降りた歩道から波打ち際までは、数十mの距離が空いています。観光客が不用意に水際近くまで散歩し、カメラやスマホを使っていると、たちまちナイフで武装した数名の少年に囲まれます。砂浜は、走って逃げるにもスピードが出せず、逃げようもない。そこであらゆる金品を強奪されるといった事件が、何度も繰り返されます。
 そんな、何時も気が抜けないリオの街。砂浜の強盗だけではなく、自動車が赤信号で停止すればさっと現れて、窓拭きなどをし小銭を稼ぐ上半身裸のストリートチルドレンに、あちこちで出会います。
 シコ・ブアルキは、時に窃盗などで市民に被害も及ぼす彼らを、どこか愛着をもった視線で描く歌を作りました。1978年のアルバムに収録された「Pivete(街角の少年ギャング)」です。

続きをみるには

残り 2,347字 / 2画像

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…