見出し画像

[2019.08]歌の国 ブラジル

文●中原 仁

プロフィール●音楽・放送プロデューサー、選曲家 / J-WAVE「サウージ!サウダージ」など番組制作。『21世紀ブラジル音楽ガイド』を監修。

 1985年4月。初めてブラジルを訪れ、リオに到着した日の夜に行ったのが、イヴァン・リンスのコンサートだった。イヴァンの曲も歌も素晴らしかったが、それ以上に感動したのは、よく知られた曲が始まると、オーディエンスが一斉に大合唱を始めたこと。何度となく歌声の輪に包まれているうち、自然に涙がこぼれてきた。隣を見ると、日本から同行した友人も同じように顔をくしゃくしゃにしている。ブラジル人が自ら声を上げて歌うのが大好きであることは、ライヴ盤やコンサートの映像を通じて知っていたが、目の当たりに体験した感動は言葉にできないほど大きなものだった。

 以来30余年の間に、こうしたシーンを100回以上は体験してきた。ブラジル人は 〝音楽の最高の楽しみは自ら歌うこと〟と心得ていて、ライヴの主役であるアーティストがオーディエンスの歌の伴奏に回ることも珍しくない。

 思い出せばいくつものシーンが蘇ってくる。87年、ミルトン・ナシメントが名曲「トラヴェシア」の20周年を記念して行なったコンサートは終始、一万人以上のオーディエンスの大合唱に包まれ、歌の輪の中で僕は号泣していた。

この続きをみるには

この続き: 1,560文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。