見出し画像

[2018.06]連載 太平洋の向こう岸からの手紙 #12 『フェルミン』

文●フアン・フェルミン・フェラリス

 少し前に私の名前について尋ねられました。父は慣習に従って私をフアンを読んでいます。彼の2人の祖父、医者のフアンと肉屋のフアンに従って。ところで私の母は本の中から私の名前をつけようと探していました。フェルミンという名前が浮かぶまで。尋ねたことはないのですが、スペインのサン・フェルミン祭の闘牛と関係があるかもしれません。実際のところ父は間髪入れず「わかった」と答え、私の名前はフアン・フェルミンになりました。

画像1

@MARCERO FERRARIS

 彼らが大学生で知り合った時、好きだったいくつかの音楽を共有していました。父が最も好きだったのはフィトでしたが、2人とも熱狂的なルイス・アルベルト・スピネッタのファンになりました。いつでも再生できるように、発売されるやいなやカセットを買い、ルイスが歌う言葉を理解するまで歌詞を書き出すために、テープの同じ部分を必要な数だけ何度も繰り返し聴いていたそうです。父の中でスピネッタがフィトの存在を超えるきっかけとなった作品は『Kamikaze』。父は祖母が描いたアルメンドラ(※スピネッタが在籍したバンド)のTシャツを持っていました。皆のルイスへの忠誠は、一度あるバーで行われた親密なコンサートで観客が大声で歌うのをスピネッタがもっとゆっくり歌うように求めなくてはいけないほどでした。彼は言いました「あなた方が歌うのか私が歌うのか?」。

 スピネッタに大いに影響を受けている父にとって、母が「フェルミン」と言った時、スピネッタの「フェルミン」を思い浮かべたことに異論の余地はないでしょう。しかし私は幼い頃まったくそのことを知りませんでした。私がわかっていたことはニコラスやフリアンでないその奇妙な名前に適応しないといけないということでした。思春期の頃、“Las manos de Fermín, giran y él también, gira y da más vueltas”と歌う私と同じ名前の曲に出会いました。その時から、スピネッタを発見するとともに、私の音楽への愛が始まりました。

この続きをみるには

この続き: 703文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。