見出し画像

[2021.1]2020年ブラジルで流行った音楽

文●noriji (Jornal Cordel 編集長)

 言わずもがな、ブラジルもCovid-19の影響を受けた1年。明るいニュースを書くとすれば、様々なアーティストがオンラインライブをしてくれたことでしょうか。個人的にはIvete Sangaloの自宅ライブが最高の思い出になりました。(来日がなくなってしまったのが非常に残念ですが、まずはこの状況が良くなることを祈ります)

 さて、ここ数年「ブラジルで流行った音楽」を書かせて頂いていますが、セルタネージョの強さは変わらず、顔ぶれもおなじみのメンバーが多いです。しかしながら、面白い動きもありました。以下紹介いたします。

①今年も強い!「セルタネージョ」
②2020年急成長のジャンル「ピザヂーニャ」とは!?
③ポップ、ファンキ、サンバ、ヒップホップなどで流行った曲

①今年も強い!「セルタネージョ」

 25歳の女性シンガー、“失恋ソングの女王(Rainha da sofrência)”とも呼ばれているMarília Mendonça。主要音楽配信プラットホーム(Spotify、Deezer、YouTube)で再生回数ナンバー1アーティストに輝きました。

 一番再生された曲は「Graveto」。YouTubeでの再生回数は、2億3000万を超えています。

 先ほどの配信サービスで一番よく聴かれた曲でいえば、Henrique & Julianoの「Liberdade Provisória」。こちらも思うようにうまくいかない恋を歌っています。「Volta por Baixo」もSpotifyではランキング4位に入っています。

 その他、ランキング常連 Gusttavo Limaの「A Gente Fez Amor」は上半期ラジオ再生回数のトップを14週連続で独占。アルバム「O Embaixador in Cariri (Ao Vivo) 」はSpotifyで一番再生回数の多かったアルバム。

 以上に挙げた3組がSpotifyの再生回数トップ3のアーティストです。

 他にランキングで目立ったのは Zé Neto & Cristiano。「Bebi Minha Bicicleta」、「Barzinho Aleatório」や、Luiza e Maurílioとコラボした「”S” de Saudade」がヒットしました。

 他にもセルタネージョが気になった方は、Matheus & Kauanの「Litrão」、Jorge & Mateusの「Cheirosa」あたりを抑えておきましょう。

この続きをみるには

この続き: 1,914文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年1月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
10
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)