見出し画像

[2018.07]STEFANO BOLLANI 〜濱瀬元彦が傑作『Que Bom』についてきく

インタビュー●濱瀬元彦 interview by MOTOHIKO HAMASE

 ジャズ・ベーシストで、『チャーリー・ パーカーの技法 インプロヴィゼーションの構造分析』をはじめとした音楽理論に関する著作も多い濱瀬元彦氏にステファノ・ボラーニへのメール・インタビューをお願いした。

 ステファノ・ボラーニは、1972年イタリア・ミラノ生まれのピアニストだ。幼い頃から才能を発揮し、彼の師匠であるイタリアのジャズのキーマン、エンリコ・ラヴァはステファノ・ボラーニのことを「まさしくピアノの詩人」と喩えた。ジョビンの名曲で構成した『Falando De Amor』やリオ録音の『Carioca』を発表し、ブラジル音楽への偏愛を示してきたステファノ・ボラーニが、カエターノ・ヴェローゾ、アミルトン・ヂ・オランダ、ジャキス・モレレンバウム、ジョアン・ボスコをゲストに迎え、再度ブラジルで録音したアルバム『QUE BOM』が素晴らしく、これはぜひ濱瀬氏にメール・インタビューをお願いしたいと思った。濱瀬氏が「ステファノ・ボラーニは世界中で最も素晴らしいピアニストの1人」と捉えていることを知っていたからだ。

 濱瀬氏に質問の準備をお願いし、ステファノ側に質問を送った。回答の冒頭には、濱瀬氏へのお礼のメッセージが書いてあった。

「ハロー、濱瀬さん。この機会をありがとう!あなたが私のために準備してくれた質問から、私にはあなたがグレイトなリスナーだってことがわかるよ!!! あなたと話せて嬉しい」

 ステファノは濱瀬氏への質問に、濱瀬氏への敬意が読み取れる非常に丁寧な返答を準備し、音楽の深層についての一流の音楽家同士の真剣な対話となった。(編集部)

画像1

Stefano Bollani

画像2

Hamilton de Holanda

画像3

Jaques Morelenbaum

この続きをみるには

この続き: 5,184文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年7月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年7月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
4
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2018年7月号
ラティーナ|2018年7月号
  • 32本
  • ¥950

ラティーナ2018年7月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。