見出し画像

[2021.01]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑥】チューク環礁の恋の歌、青春の歌 ―その甘くてエモい、日常のサウンドスケープ―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 チューク(旧トラック)環礁の人々は、ミクロネシアでは「歌や踊りが上手い」と評判。今ではあまりなじみがないかも知れませんが、1922年に現・パラオ共和国のコロール(2020年12月号で紹介)に南洋庁が設置される前、1914年日本海軍が司令部を置いたのがチューク環礁の Dublon島(Tonoas または夏島)でした。さらにそれに先立つ1892年2月、Weno島(Moenまたは春島)に上陸して単独で貿易を始め、首長Manuppisの長女と結婚して11人(男6人、女5人)の子どもをもうけた伝説の人物が、土佐出身の森 小弁(1869〜1945)です。その子孫は、今や3,000人以上。ミュージシャンも輩出していますし、高知県との交流を推進した第7代ミクロネシア連邦 Emanuel Mori 大統領(在任期間 2007〜2015)もその曾孫です。

地図

チューク環礁

 私が初めてチューク環礁に向かったのは、2002年。いつもながらお土産に悩み、1978年からチューク在住の末永卓幸さんに尋ねると、「ヨウカンがいいんじゃない。」って。「えっ、あの羊羹ですよね?」「うん。日本の甘いものは、こっちのお年寄り大好きだから…」と。これまで、ヤップやパラオでは羊羹を求められたことはありません。「じゃあ、数が多くて、小さい方が便利だな」と、個包装のお手頃な羊羹を仕入れて旅立ったのでした。

 末永さんと共に、まずお訪ねしたのは森 小弁の六男 Rokuro(1926〜2011)ご夫妻。1934年、音楽学者・田辺尚雄(1883〜1984)が南洋群島での調査でチューク環礁を訪れた時も、森 小弁が世話役でした。何でも、官吏に内密でチューク環礁の青年たちに「挑発的な踊り」付きの歌をうたわせて見せたそうですよ。戦後、田辺の調査記録は『南洋・台湾・沖縄音楽紀行』(東洋音楽学会編 1968)、LPレコード(田辺尚雄・秀雄 1978)として出版されています。LPレコードには、森 小弁の掛け声に Tol島(水曜島)の男性が応答する「木遣り歌」も収録されています。当時8歳だったRokuroさんも、その時のことを覚えていました。

この続きをみるには

この続き: 2,571文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年1月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)