見出し画像

[2018.03]特集:アフリカ音楽の新しい地図 キンシャサの今、アフリカ音楽の今 〜Congo - Kinshasa - 2018〜

文と写真●奥村恵子 text & photos by KEIKO OKUMURA

画像1

■キンシャサ・レポート 2018

 アフリカ大陸の真ん中に位置するコンゴは、西ヨーロッパがすっぽり入るくらいの広大な濃厚な密林が広がり、その中を幅10キロメートルに及ぶコンゴ河が流れる。 これを境に北がコンゴ共和国の首都ブラザビル。南がコンゴ民主共和国の首都キンシャサだ。最近、ちょっとしたブームを起こしている「サップ」でも、この両都市は注目を浴びるようになったが、キンシャサは特に日本では、「リンガラ・ミュージック」発祥の地としても知られている。「リンガラ・ミュージック」とは、コンゴ民主共和国のポップミュージックで、コンゴのトラディショナルをベースにキューバ音楽(ソン)を融合させた音楽ことで、キンシャサでは「ルンバ」と呼ばれ、70年代に生まれた。80年代に、ルンバのキング(サップのキングでもある)「パパ・ウェンバ(PAPA WEMBA)」が、そこにロックの要素を取り入れ、スピードもアップさせダンスパートも加え、進化させ「ルンバ・ロック」と言うものを生んだ。西欧では「スクース」とも呼ばれる。これらを日本ではコンゴの言葉、リンガラ語で歌うため、「リンガラ・ミュージック」などと呼ぶ。今は現地では「ンドンボロ」と呼んでいる。このリンガラ・ミュージックを、キンシャサと言うアフリカの一都市から、アフリカ大陸へ、そして、ヨーロッパ、世界中へと広めていった伝道師の役目を果たしたのが、「ビバ・ラ・ムジカ(Viva La Musica)」を率いる「パパ・ウェンバ」だ。そして、私はその「パパ・ウェンバ&ビバ・ラ・ムジカ」のメンバー(パーカッショニスト)を14年程、務めた。

この続きをみるには

この続き: 5,356文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年3月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年3月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。