見出し画像

[2017.02]ジョルジオ・トゥマの最後の涙。

<南イタリアから生まれた夢想の音楽>


イタリアのシンガーソングライター、ジョルジオ・トゥマが2月についに日本にやってくる。盟友のギタリストであるジュゼッペ・マンタとのアコースティック・ギターのデュオで九州、大阪、東京、札幌の全国9公演を行う。

文●吉本 宏 (bar buenos aires / resonance music)
text by HIROSHI YOSHIMOTO

 盟友のギタリストであるジュゼッペ・マンタとのアコースティック・ギターのデュオで九州、大阪、東京、札幌の全国9公演を行う。

 ジョルジオ・トゥマが2016年3月にリリースした4作目となる最新アルバム『This Life Denied Me Your Love』は、これまでの彼の夢想の音楽が集大成のように美しく結実した傑作だ。そこに収められた「My Last Tears Will Be A Blue Melody」は、ジョルジオ・サウンドにさらにシンセサイザーやオーケストラの音が織り込まれ、より重層的で壮大なサウンドに仕上がっている。「この曲はモーリス・ラヴェルやピエロ・ピッチオーニ、ビーチ・ボーイズからインスパイアーされたんだ」とイタリアで会った彼は目を輝かせながら自信に満ちた表情で語ってくれた。2003年のファースト・アルバムでのカラフルなポップ・サウンドから順に作品を追っていくと、ジョルジオ・トゥマ・サウンドのしなやかな変化と深化を感じることができる。

画像1

(©Riccardo Schirinzi)

この続きをみるには

この続き: 1,839文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)